ホーム > 文例 > ご挨拶 > 離れて暮らす祖父へ

文例

離れて暮らす祖父へ


おじいちゃん、お元気ですか。

毎日暑い日がつづくけれど、体は大丈夫かな。
わたしは相変わらず。先週から大学が夏休みに入ったから、
今はバイトばかり。塾で数学の先生をやっているんだよ。
ところでこの便箋、時計草が描かれているの。
おばあちゃんが大好きだった花だよね。
文房具屋さんで見つけたとき、なんだかなつかしくて、
おじいちゃんに手紙を書きたくなりました。
お盆に、お母さんと一緒に遊びに行くね。

直美

ワンポイントアドバイス

便箋を眺めていて、ふと大切な人の顔が思い浮かぶこともあるでしょう。
思い立ったら吉日。さっそく手紙を送ってみませんか。
離れて暮らす家族なら、なおさら喜んでくれると思います。

時計草柄:
個性的な花の形を時計の文字盤に見立てたことから、トケイソウの名が付きました。
パッと目を引く鮮やかな色彩が魅力の熱帯植物で、果実はパッションフルーツとして食用とされる種類もあります。
花言葉/『聖なる愛』『信心』


PAGE TOP