ホーム > コラム > 手紙の達人コラム 印象がよくなる 結びのひと言

コラム

手紙の達人コラム 印象がよくなる 結びのひと言

手紙の達人コラム 印象がよくなる 結びのひと言

 手紙でも、メールでも、最後の一文で何をどんなひと言を書けばよいか、迷うことがあります。
 最後の一文がピシッと決まると、書いたときの満足感が高まります。相手の喜ぶ顔を想像しながら、文字をつづりましょう。


健康を気遣うフレーズ

・ご自愛ください
・お体を大事になさってください
・どうかお元気で
・温かくしてお過ごしください
・風邪にご用心ください

※文末に「~くださいませ」と、「ませ」を付けると、やわらかく女性らしい印象になります。
※「お体、ご自愛ください」と目にすることがありますが、本来は「お体」を付けずに「ご自愛ください」が正しい書き方です。「自」という文字に自分という意味が含まれるため、重言となります。「お体」と書いたときには「大事に」「大切に」とつなげましょう。

今後につなげるフレーズ

・それでは、また
・(今後とも)よろしくお願いいたします
・またお会いしましょう
・またお会いしたいです
・またお目にかかれるときを楽しみにしています
・(近いうちに/時機を見て)またご連絡します
・あらためてご連絡させてください

伝言を頼むフレーズ

・みなさまにもよろしくお伝えください
・恐れ入りますが、ご伝言ください
・お父様にもよろしくお伝えいただければ、幸いです
・お母様にもお礼をお伝え願えますか

繁栄や健康を願うフレーズ

・ますますのご活躍をお祈りします
・さらなる飛躍を願っています
・これからも元気にがんばってください
・ひきつづき期待しています
・お互い健やかに過ごしましょう

用件を結ぶフレーズ

・以上、どうぞよろしくお願い申し上げます
・まずはお知らせ(お礼/ご報告)まで
・取り急ぎ、ご案内(お返事)申し上げます
・用件のみにて失礼します
・簡単ですが、お礼まで

※時間がないときに、「取り急ぎ」「簡単ですが」「短文ですが」というフレーズで用件を結ぶことがあります。少し素っ気なく感じ場合は、感謝のフレーズをプラスしましょう。すると、短くても温かい印象になります。

 【例】
 ○取り急ぎ、ご案内(お返事)申し上げます。いつもありがとうございます
 ○用件のみにて失礼します。いつもありがとうございます
 ○簡単ですが、お礼まで。いつもありがとうございます

幸せを運ぶおまじないのフレーズ

・楽しい毎日を過ごせますように
・素敵な一年になりますように
・実り多き季節になりますように
・たくさんいいことがありますように
・たくさんの笑顔に囲まれますように
・たくさんよい出会いがありますように
・たくさんの幸せが舞い込みますように

※文末で、相手の幸せを願い「~しますように」と締めくくると、文章全体の雰囲気がよくなります。
 巡り巡って、自分にもおまじないがかかったかのような気がしてくるから、不思議です。大げさになら
 ないよう、さらっとしたためて。

↓こちらのページも参考にしてください。
≫手紙の達人コラム 手紙におまじないをかける

ページ先頭

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 641人中594人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP