ホーム > 手紙の基本 > 時候のあいさつ > 2月 (如月:きさらぎ)

時候のあいさつ

2月(如月:きさらぎ)に使える時候の挨拶、プライベート編(カジュアル/かしこまったシーン)をご紹介します。

ビジネス編監修: 船田三和子

丁寧な手紙を書きたいけれど、頭語・結語、時候のあいさつ、結びのあいさつなど、どう書けばよいのか分からないという方は、『手紙アシスタント』も是非ご活用ください。

時候の挨拶 : 2月 (如月:きさらぎ)

<2月のイベント>
節分、バレンタインデー

2月は、実際には一年の中で寒さが最も厳しく、雪も多い季節です。 しかし、暦の上では3日頃に節分、4日頃には「立春」を迎え、春が始まります。 寒い中でも日脚が伸び、春の植物が咲き始め、東風が吹くなど、少しずつ訪れる春に焦点を当て、明るく温か味のある時候の挨拶にすると良いでしょう。
寒さと新年から張り詰めていた緊張から、お相手の心もホッとひと息つくことができるでしょう。
そして、「春=動き出す」季節。お相手の新しい活躍を祈ったり確信する言葉を繋げるとより良いでしょう。

ビジネス編
上旬
日脚伸ぶ立春の候、貴社におかれましては、
ますますご隆盛のこととお喜び申し上げます。
三寒四温の候、体調管理が難しいものですが、
○○様にはご健勝のことと拝察いたします。
中旬
清らかな香り漂う梅花の候、
ご清祥のこととお喜び申し上げます。
先日の春時雨のあとに「春の虹」を見ました。
このたびの共同企画を後押ししてくれるかのようで幸先良く感じます。
下旬
寒明けするも記録的な大雪に見舞われるこの頃。
貴社の皆様、ご無事でいらっしゃいますでしょうか。お伺い申し上げます。
東風吹く季節、寒い中にも春が近づいているのを肌で実感いたします。
躍動的な季節に向けて、ますますご多忙のことと存じます。
プライベート編(かしこまったお手紙に)
晩冬の候/向春の候/余寒の候/梅香匂う頃
梅のつぼみもふくらみかけてまいりました。
春一番が吹き、寒さもようやく和らいできました。
プライベート編(親しい方へのお手紙に)
本格的な寒さが身にしみる頃、風邪をひいていませんか。
春の訪れまで、まだいくらか日があるようです。
1年でいちばん寒さの厳しい時期、春の便りが待ち遠しいですね。

ページ先頭

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 421人中354人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP