ホーム > 手紙の基本 > 時候のあいさつ > 6月 (水無月:みなづき)

時候のあいさつ

6月(水無月:みなづき)に使える時候の挨拶を、ビジネス編(フォーマルなシーン)とプライベート編(カジュアル/かしこまったシーン)に分けてご紹介します。

ビジネス編監修: 船田三和子

時候の挨拶 : 6月 (水無月:みなづき)

<6月のイベント>
梅雨入り、父の日

6月は、梅雨入りし、蒸し暑く、うっとうしい季節です。気分が滅入ってしまいそうな天候が続くからこそ、お相手の心にすがすがしい風が通り抜けるような表現を書きたいもの。雨だからこそ美しく感じる紫陽花や瑞々しい草木の様子を書いてみてはいかがでしょうか。
湿度が高い環境の中で、植物がどのように見えたり香ったりするのか、五感を使って感じるところからはじめてみてはいかがでしょうか。そして、季節の言葉の後には、そのような天候であっても元気で活躍されていることを確信した文章を繋げるとよいでしょう。

ビジネス編
上旬
走り梅雨のぐずついた天候から、梅雨入りがすぐそこまできているのを感じます。
外回りのお仕事の○○様にとりましてはお辛い時期とお察しいたしますが、
天候に負けずにご活躍のことと存じます。
しっとりとした空気に緑の香りが漂う初夏の候。
貴社におかれましては、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
中旬
水を含んで一層美しい紫陽花を見ては、その美しさに心がリフレッシュされ、
ご依頼いただきましたお仕事もスムーズに進んでおります。
雨に萌ゆる緑が風情を漂わせる季節。
○○様にはお健やかにご活躍のこととお喜び申し上げます。
下旬
本年も、はや半年が過ぎようとしており、時の早さを感じるこの頃。
貴社におかれましては、実り多い半年であったことと拝察いたします。
雨上がり、街に架かる虹を発見しては幸せな気持ちになります。
○○様におかれましては、公私ともに順調のことと存じます。
プライベート編(かしこまったお手紙に)
向暑の候/入梅の候/長雨の候/初夏の候
雨に紫陽花の花が鮮やかに映える季節となりました。
梅雨明けの待たれるこの頃、
プライベート編(親しい方へのお手紙に)
今週はずっと雨降りでしょうか、空模様が気になります。
雨上がりに大きな虹を見ました。すがすがしい気分です。
梅雨明けが待ち遠しい頃、むしむしとした日がつづきます。

ページ先頭

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 445人中381人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP