ホーム > 手紙の基本 > 時候のあいさつ > 9月 (長月:ながつき)

時候のあいさつ

9月(長月:ながつき)に使える時候の挨拶、プライベート編(カジュアル/かしこまったシーン)をご紹介します。

ビジネス編監修: 船田三和子

丁寧な手紙を書きたいけれど、頭語・結語、時候のあいさつ、結びのあいさつなど、どう書けばよいのか分からないという方は、『手紙アシスタント』も是非ご活用ください。

時候の挨拶 : 9月 (長月:ながつき)

<9月のイベント>
敬老の日

暑い夏から秋へバトンタッチする9月。暦の上では、8日頃に秋の気配が見え始める「白露」を迎え、23日頃に「秋分」を過ぎると夜も長くなり、深まる秋を感じるようになります。ひと雨ごとにやわらぐ暑さ、朝・晩に感じる心地よい風、台風の後の美しい秋晴れなど、夏から秋へ移行していく様を、ご自身の言葉で表現してみるとよいでしょう。
そして、過ごしやすい季節の到来とともに、仕事の調子も上がっていくような言葉も入れてみましょう。また、9月のお花(キキョウ、ススキ、リンドウ、コスモス)や、9月の虫の音(鈴虫、コオロギ、松虫)の様子を入れるとことで、より季節感を表現することができます。

ビジネス編
上旬
いくぶん残暑も和らぎ、しのぎ良い日が多くなりました。
夏のお疲れは出ていらっしゃいませんか。お伺い申し上げます。
高く空気が澄んだ空に、澄みきった心で一日(仕事)をスタートできる好季節。
○○様も、ますますご活躍のことと存じます。
中旬
風に揺れるすすきに風情を感じる爽秋の侯。
貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
秋晴の侯、皆様におかれましては、
お忙しい中でも爽やかな季節を満喫なさっているのではないでしょうか。
下旬
虫の音にも深まる秋を感じる頃となりました。
貴社にはますます実りの季節を迎えていらっしゃることと存じます。
美味しい秋の味覚に、暑さで疲れた体が元気を取り戻すこの頃。
○○様におかれましては、ますますお元気でご活躍のこととお喜び申し上げます。
プライベート編(かしこまったお手紙に)
初秋の候/爽涼の候/月愛でる頃/白露の候
秋風が立ちはじめ、しのぎやすい頃となりました。
コスモスの花が秋風に揺れる季節となりました。
プライベート編(親しい方へのお手紙に)
少しずつ日暮れの時間が早くなり、秋の気配を感じます。
朝晩はだいぶ過ごしやすく感じられるようになりました。
このところお月様がきれいです。お月見していますか?

ページ先頭

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 865人中765人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP