ホーム > 年賀状・寒中見舞いの基本(2)

年賀状・寒中見舞いの基本

「年賀状」の書き方(構成)について

年賀状の構成は、賀詞主文末文後付けの4つのブロックから成り立っています。

「年賀状」の書き方(構成)について

1. 賀詞

新年のあいさつの言葉で、他の文字よりも大きめに書きます。句点は不要です。
>>賀詞について

2. 旧年中の感謝や新年のお付き合いを願う主文

旧年中の感謝や新年のお付き合いを願う文章を書きます。自分の環境に変化があった場合は、その報告も入れるとよいでしょう。体調が悪い・事故・離婚・仕事がうまくいかないなどの話題は避け、明るい話題を選びましょう。

3. 思いやりの言葉を添える末文

相手の健康や繁栄、幸福などを祈る思いやりの言葉を添えます。

4. 後付け

日付、差出人名、住所を書きます。日付は年号から書きましょう。西暦でもかまいません。
例)「平成○○年元旦」「平成○○年一月一日」「二○○○年一月」

<注意>「元旦」とは、1月1日の朝のことを意味しますので、「元旦」に届かない場合には、「元旦」と書かないようにしましょう。
差出人名と住所は、表書きにまとめてもよいです。

表も裏も印刷のみの年賀状は避けたいもの。印刷の年賀状であっても、手書きで一言添えると印象がよくなります。
また、公的な要素の強い年賀状には、個人的な家族の写真などは入れないようにしましょう。

宛名の書き方(はがき)

宛名は、手紙の第一印象に当たるものです。どんなに内容が良くても表書きが雑であれば好印象になりません。
バランスを考えながら、楷書で丁寧に書きましょう。
>>はがきの宛名の書き方
>>はがきの宛名の書き方(ビジネス)

【賀詞について】
年賀状で表記される賀詞とは、「謹賀新年」や「明けましておめでとうございます」など、新しい年を祝う言葉のことです。
さまざまな種類があるので、送る相手に相応しい言葉を使用し、失礼が無いようにしましょう。特に目上の方へは、「寿」や「賀正」など1~2文字の賀詞はくだけた表現にあたるので避けます。「謹賀新年」などの4文字の賀詞や丁寧な言葉の賀詞を用い、謹んだ気持ちを表しましょう。

目上の方
・謹賀新年
・恭賀新年
・謹んで(年頭、年始、新春、初春)のお慶び(お喜び、ご祝詞、ご挨拶)を申し上げます
・新春を寿ぎ謹んでご挨拶(ご祝詞)を申し上げます
・旧年中の感謝を込めて初春のご挨拶を申し上げます
・幸多き迎春をお慶び申し上げます
部下・同僚・友人
・賀正・迎春・新春・慶春・寿・福・賀
親しい友人
・明けましておめでとう
・Happy New Year
相手を選ばず使える
・明けましておめでとうございます
・新年おめでとうございます
よくある間違い


・「年賀状」とは?(起源について)
・「年賀状」を送る時期について
・こんなときどうしよう?
・「年賀状」のポイント
・「年賀状」の書き方(構成)について
・「年賀状」の文例集
・海外へ年賀状を出してみませんか?
・「寒中見舞い」とは?
・「寒中見舞い」を送る時期について
・「寒中見舞い」の文例集
・「寒中見舞い」におすすめのはがき
・喪中の場合のマナー
・「喪中欠礼状」を送る時期について
・喪中に年賀状が届いたら
・喪中と知らずに年賀状を出してしまったら

(監修:一般社団法人日本プロトコール・マナー協会 理事長 船田三和子)

「紙シリーズ」

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 21人中19人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP