ホーム > 年賀状・寒中見舞いの基本(4)

年賀状・寒中見舞いの基本

「寒中見舞い」について

「寒中見舞い」の本来の意味は、寒さの厳しい季節に相手の健康を気遣って送るあいさつ状です。最近では、季節のあいさつ以外にも次のようなシーンで送ります。

・年賀状を出すのが遅くなった場合
・喪中の方への新年のあいさつとして
・相手が喪中と知らず年賀状を送ってしまった場合のお詫びに
・自分が喪中の場合の新年のあいさつとして
・自分が喪中のときに年賀状をいただいた場合の返信として

書く内容としては、「寒中見舞い申し上げます」というお見舞いのあいさつからはじめ、年賀状のお礼や欠礼状が遅れたお詫び、相手の健康を気遣う文章、近況報告などを続けて書きます。最後は、相手の健康を祈る言葉で締めくくるとよいでしょう。

「寒中見舞い」について

「寒中見舞い」を送る時期について

新年の松の内(1月7日)が明けた1月8日から立春の前日(2月3日頃)までに届くように送ります。

「寒中見舞い」の文例

・寒中見舞い 年賀状への返信 一般 (松の内を過ぎた場合)
・寒中見舞い 年賀状への返信 一般(自分が喪中の場合)
・寒中見舞い 喪中の方への新年のあいさつ 一般 
・寒中見舞い 新年のあいさつ 一般(自分が喪中の場合)
・寒中見舞い 喪中の方からの寒中見舞いへの返信 一般(相手が喪中と知らずに年賀状を送った場合)

「寒中見舞い」におすすめのはがき

【部下・同僚・友人向け】



・「年賀状」とは?(起源について)
・「年賀状」を送る時期について
・こんなときどうしよう?
・「年賀状」のポイント
・「年賀状」の書き方(構成)について
・「年賀状」の文例集
・海外へ年賀状を出してみませんか?
・「寒中見舞い」とは?
・「寒中見舞い」を送る時期について
・「寒中見舞い」の文例集
・「寒中見舞い」におすすめのはがき
・喪中の場合のマナー
・「喪中欠礼状」を送る時期について
・喪中に年賀状が届いたら
・喪中と知らずに年賀状を出してしまったら

(監修:一般社団法人日本プロトコール・マナー協会 理事長 船田三和子)

「紙シリーズ」

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 18人中18人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP