ホーム > 手紙の知識 > 手紙の基本形式

手紙の知識

改まった手紙を書く場合、便箋の色は白無地を用い、カラーや模様の入った便箋、横罫の便箋は、親しい相手に宛てる場合に使用します。
また、形式的な手紙には、2枚以上の便箋で出すのがマナーです。文面が1枚で終わってしまう場合には、白紙の便箋をもう1枚つけると良いでしょう。
ただし、弔事の手紙の場合は、「続く」ことを表してしまうので、便箋は1枚で送ります。
洋封筒の場合、宛名は縦書きでも横書きでも構いません。目上の方に送る場合や、弔事の手紙は縦書きで送りましょう。基本的には右封じになるように宛名を書きます。左封じは弔事の場合のみですので、気をつけましょう。

封筒の宛名の書き方(長封筒の場合)

ページ先頭

 

封筒の宛名の書き方(角封筒の場合)

ページ先頭

 

便箋の書き方(たて書きの場合)

ページ先頭

 

便箋の書き方(よこ書きの場合)

ページ先頭

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 325人中285人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP