• 商品紹介一覧はこちら

JAPAN WORKS 定規


※本製品は生産終了のため、当社および店頭の在庫がなくなり次第、販売終了となります。
店舗によっては取扱いがない場合もございますので予めご了承ください。

定規 箱根 寄木 色寄せ


安価なものが簡単に手に入る時代。 海外のものが簡単に手に入る時代。
だからこそ、本当に質の良いものを大切に使いたい。 だからこそ日本のものを見直していきたい。
経験に裏付けられた職人の技術。 手間を惜しまず、真摯に素材と向き合っていく。
無機質なアルミ定規と組み合わされた、こだわりの素材と技。

里山に自生する竹を加工することで発展した大分の竹細工。粘りがあり、折れにくい特徴のある真竹を高温の圧力窯に入れて ボイルする。 茶色に変化した表皮に磨きをかけ、薄く削ることで内側に隠れていた艶を出す。

丹精込めて育てた国産のい草を半日もの時間をかけて、たわわに実った稲穂のような黄金色に染め上げる。 古くから日本の生活に根ざした畳のほのかな香りや手ざわりが、安らぎを感じさせる。

丹精込めて育てた国産のい草を半日もの時間をかけて、初夏の水田を思わせるような青々とした色に染め上げていく。 古くから日本の生活に根ざした畳のほのかな香りや手ざわりが、安らぎを感じさせる。

藍で染めた5色の糸で独特の縦縞を織っていく松阪木綿。江戸時代には松阪商人によって江戸に広められ、松阪木綿の着物を着ることは「粋」とされた。 今や一軒のみとなった織元がマツサカの文化を守っている。

15年以上寝かせた青森産のヒバ材に「べんがら」という顔料で色をつけた漆(うるし)を塗る。 漆が乾かないうちに、布で拭き取るように塗り込んでいく拭き漆の技法は、素材の木目を際立たせる。

箱根寄木細工発祥の地、畑宿。山の中の小さな工房で、若い職人が伝統に新しい風を吹き込んでいる。 規則正しく並ベられた木々がそれぞれの色を主張している。

箱根寄木細工発祥の地、畑宿。山の中の小さな工房で、若い職人が伝統に新しい風を吹き込んでいる。 定規に合わせてイメージした、直線的なデザイン。

鋳型に溶けた金属を流し込んで作られる鋳物。高岡は江戸時代に鋳物産業が始まった。砂で作った鋳型に、加工が難しいとされる純度100%の錫(すず)を流し込んでいく。 錫がはめ込まれた定規には、ずっしりとした重みが加わる。

鯖江は100 年以上も前から続くメガネの産地。メガネのフレームに使われるアセテートを使用している。 アセテートを切削し、何度も繰り返し磨いて出す色は、烏(からす)のように濃く、奥深い黒。

鯖江は100 年以上も前から続くメガネの産地。メガネのフレームに使われるアセテートを使用している。 アセテートを切削し、何度も繰り返し磨いていくことで、瑠璃(るり)色の輝きを出す。

※本製品は生産終了のため、当社および店頭の在庫がなくなり次第、販売終了となります。
店舗によっては取扱いがない場合もございますので予めご了承ください。