• 特集バックナンバーはこちら

表書きの書き方(不祝儀)

目的や地域によって違う表書き。失礼の無いように知っておきたい書き方をご紹介します。

表書きについて(不祝儀)

不祝儀の基本も中包みと外包み。外包みに表書きと名前を書き、中包みに住所・氏名・金額を書きます。
表書きと名前は、最近では短冊が主流となっています。

外包み/中包み

表書き例(不祝儀)

故人は、葬儀一切の行事を終えるまでは「霊」、行事後は成仏し「仏」となるとされています。そのため、通夜・葬儀では「ご霊前」を、回忌法要では「御仏前」とするそうです。また、宗教によって表書きも異なります。

仏教の通夜、葬儀、回帰法要

表書き例 - 関東
  • 御仏前(四十九日以降にお金を供えるとき)
  • 御香華料(お金を供えるとき)
  • 御霊前(通夜、葬儀で霊前にお金を供えるとき)
  • 御悔(主に、通夜などに供える金品に)
表書き例 - 関西
御香典、御香料(お金を供えるとき)

キリスト教の通夜、葬儀、回帰法要

表書き例
  • 御偲料(品物を供えるときに)・・・カトリック、プロテスタント
  • 御霊前(霊前にお金を供えるときに)
  • 御弥撤料、御ミサ料(葬儀でお金を供えるとき)・・・カトリック
  • 御花料(お金を供えるとき)・・・カトリック、プロテスタント

神式の通夜、葬儀、回帰法要

表書き例
  • 神饌料(お金を供えるとき)・・・弔事に限らず、一般的な神事でも
  • 御霊前(霊前にお金を供えるとき)
  • 玉串料(お金を供えるとき)・・・弔事に限らず、一般的な神事でも
  • お礼、志(葬儀全般でお世話になった、世話役や火葬場の方などへの礼金に)

金額の書き方

金額の数字には漢数字を使用します。漢数字は以下の通りです。

1 2 3 5 6 7 8 10
  • 祝儀の基礎知識
  • 表書きの書き方
  • ふくさの使い方
  • シーンや用途に合わせた祝儀袋選び