« 「OZの女子旅EXPO」に参加しました。 | メイン | ノートと向かいあう心 »

ポーチ・カスタマイズ!

20181112a.jpg


昔からケースとかポーチに惹かれる。
手持ちのもので十分間に合うはずなのに、
新しい使い方を思いついたとか、入れるものが
変わったとか何かを理由をつけて新しいケースや
ポーチを手に入れてしまう。
使い心地はもちろん、素材感が心地よかったり、
使うほどに愛着が出たりするものがいい。
そしてもちろん中に入れるものとの相性も重要だ。

例えばペンケースには、
いつも使うラインアップがきれいに入らないと
気持ち悪いから、お気に入りのペンケースに
ちょうどよく収まる、お気に入りのペンのセレクト
にはいつも頭を悩ませている。
ポーチを選ぶときには、サイズや形にあわせて
入れるものを考えるのが楽しい。
お気に入りの道具は、それがぴったり入る
専用のケースに入れるだけで、さらに愛着が湧き使う
時間が楽しくなる。

ちょうど良いサイズのケースがない場合は
自分で作ってしまうことも多い。最近の新作は、
MacBookを入れる革のケースで、前にチェンマイに
行った際に、そのサイズにあわせて漉いてもらった
トラベラーズノートの革を手に入れて自分で作った。
素人だから縫い目はあまりきれいではないけど、
サイズ感も好みもぴったりだから、けっこう気に
入って使っている。
これに、The Superior Laborのエンジニアポーチ
の#1に充電器やケーブルを入れて持ち歩いている。

先週末、そのThe Superior Laborの河合さんたちが
トラベラーズファクトリー中目黒に来てくれて、
ポーチのカスタマイズオーダーイベントを開催した。

彼らの定番アイテム、エンジニアポーチを好きな色で
ペイントしてさらにスタンプでカスタマイズができる
というイベントで、まさにケースやポーチ好きには
たまらないイベントとなった。

色は14色から選んでオーダーできるのだけれど、
イベントを手伝いに来てくれたエステルさんが
ピンクをリクエストすると河合さんはその場で
ペンキを混ぜて少しくすんだエステルさん好みの
ピンクを調合。その後、その色はエステルピンクと
名付けて、イベント中たくさんオーダーを受けた。

もちろん僕もポーチをオーダーした。
大きさは悩んだ末に少し大きめの#3をチョイス。
ペンケースや水性絵具セット、老眼鏡が入るサイズで
トラベラーズノートのための道具がぴったり入る。
トートバッグにこれと、トラベラーズノートを入れて
旅先のカフェで何かを描いたり......、
そんなことを想像しながら決めた。

そして色は、河合さんにわがままを言って
オリーブ色にペンキを調合してもらい、さらに
塗り方を教えてもらって、自分でペイントをしてみる
ことにした。
通常はボトム部分をペイントするのだけれど、
どうせならちょっと変わったものにしたいと思い、
ボディー全部をペイント。さらにイエローのラインを
塗り足し、シュペリオールレイバーのスタンプを
押して、自分だけのオリジナルポーチが完成した。
帆布にラバーのような質感が加わり、面白い質感の
ポーチになった。自分好みの色だし、自分で手を
加えて作った分、手にした嬉しさもひとしおだ。
できあがった瞬間使うのが待ち遠しくなった。

イベントではたくさんの方が楽しそうに、
自分の好きな色にペイントしたポーチにスタンプを
押してカスタマイズをしていたけれど、
きっと僕と同じように、それに何を入れて、
どこへ持って行くのか、想像していたんだろうな。
僕らもまた、今回たくさんの人たちの手によって
生まれたたくさんのポーチがどんな風に使われて、
どこへ旅に行くのかを想像するとワクワクする。

そんなわけで、イベント中も、最後の打ち上げも
ずっと笑顔が絶えない楽しい2日間でした。
The Superior Laborの河合さんと三好さん、
2日間手伝ってくれたエステルさん、そして、
足を運んでくれた皆様ありがとうございました。
その後も、トラベラーズファクトリー中目黒では、
The Superior Labor Shop In Shop Expanded
Versionとしていつもラインアップを拡大して展開。
さらに2階では、河合さんの写真展を開催しています。
河合さんらしい男気と温かさを感じるかっこいい写真
が並んでいます。こちらもぜひ。


20181112b.jpg

20181112c.jpg

20181112d.jpg

20181112e.jpg

20181112z.jpg

コメント (2)

匿名:

洗面道具を入れる旅行用のポーチを新調しようと思っていたので伺うつもりでおりました。しかし、風邪をひいてしまい伺えませんでした(涙)。次回があることを期待したいと思います(笑)。

iijima:

ありがとうございます。今のところいつかは分かりませんが、また開催したいと考えていますので、その際はぜひ!急に寒くなってきたのでお大事に。

コメントを投稿

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

店長のプロフィール

(株)デザインフィルでトラベラーズノートの企画を担当している飯島です。