« ヘルシンキとコーヒーとクリスマス | メイン | 新しい石鹸 »

Happy New Year 2019!

20190101bb.jpg

新しい年を迎えてまだ数時間。
家族が寝静まった後の深夜のリビングルーム。
1日がかりの大掃除のせいで、体中が倦怠感に
包まれている。掃除で片付けた荷物の山から、
未読の本とともに出てきたCD、ダイナソーJr.の
Jマスキスのソロアルバムを小さい音で流して、
冷めきったコーヒーを飲み干した。

ふと壁を見上げると、ジョー・ストラマーが
こちらに微笑みかけるように顔を向けている。

昨年8月にトラベラーズファクトリーで開催した
ハービー山口さんの写真展で飾っていた写真を、
思い切って手に入れ、それが今は我が家の
リビングルームの壁にかかっている。

この写真を見るたびに、偶然地下鉄で出会って、
恐る恐る写真を撮っていいかと声をかけた
ハービーさんにジョーが言った言葉を思い出す。

「撮りたいものがあったら、とにかく撮るんだ。
それがパンクだ」

ハービーさんは、この言葉に勇気付けられて
その後ロンドンで写真家として大成していく。

ジョー・ストラマーには、そんなエピソードが
たくさんあって、ライブ終了後周りに集まった
ファン一人一人に何時間もかけてサインをしたり、
お金がなくてチケットが買えないファンを
裏口からこっそりライブ会場に入れてあげたり、
ファンを大事にする、やさしく温かい人だったそうだ。
そういえば、ハービーさんもとても気さくで
ロンドン時代のことを聞く僕らに、面倒がらず
その時のエピソードを面白く語ってくれた。

スペインのイベントで出会ったアーティストたちも
また、みんなとても温かく僕らを迎えてくれたし、
自分の作品やトラベラーズノートに絵を描くことに
ついて、熱く話をしてくれた。

写真でも音楽でも絵でも、ひとつのことを極め、
それによって何かを成し遂げてきた人には、
特有の気さくさや温かさみたいなものがある。
写真家はカメラや写真、ミュージシャンは音楽、
絵描きは絵がやっぱり大好きだから、
こちらも同じように好きならば、心を開いて
やさしく話をしてくれる人が多い。

トラベラーズノートを作る時に、
自分たちが好きで使いたいものにしようという
ルールを最初に決めたんだけど、
そうやって好きなことを仕事にすることによって、
好きだったり憧れの人たちへの出会いが広がる
というのは、その時には予測していなかった
嬉しい誤算だ。

もちろん仕事でなくたって、趣味でも遊びでも
好きなことを突き詰めれば突き詰めるほどに
そういった出会いは広がる。

やりたいこと、行きたい場所、作りたいもの、
やるべきこと、行くべき場所、作るべきもの、
それが分かっていても、その先にあるかもしれない
面倒なことや不安、他人の非難に足がすくんで
一歩を踏み出せず、先延ばしにして、そのうち
なかったことにしてしまう、なんてことは
たくさんある。

「やりたいことがあったら、とにかくやって
みるんだ。それがパンクだ」

ジョーストラマーの写真を見ていると、
そんなことを言われているような気分になり、
ちょっと身が引き締まった。
Jマスキスのアルバムが終わると、クラッシュの
曲が聴きたくなって、All The Young Punksを
かけた。
今年で50歳を迎えるというのに、20歳の頃と
同じように胸が熱くなる。
そういえばジョーストラマーがこの世を去った
のも50歳。さらに一歩足を前に踏み出し、
もうちょっとがんばってみよう。
壁にかかったハービーさんの写真を見ながら、
年の初めにそんなことを考えた。

そんなわけで2019年もトラベラーズノートと
トラベラーズファクトリーをよろしくお願いします。
トラベラーズファクトリー中目黒は、今年は
1月9日からスタートですが、ステーションと
エアポートは1月1日から営業しています。
今年は2019年カスタマイズ初め、ということで
新春限定 New Year Stamp をご用意しています。
新しい年をともに過ごすノートにぜひ!


20190101c.jpg

20190101d.jpg

20190101.jpg

コメント (2)

Hide:

2日は東京駅、3日は成田空港と二日酔いでフラフラしながらスタンプを捺してきました(苦笑)。
お年賀キャンディーもそれぞれいただきました。中目黒は是非素面で伺いたいと思います(笑)。

iijima:

Hideさん、ありがとうございます。
今年もよろしくおねがいします。

コメントを投稿

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

店長のプロフィール

(株)デザインフィルでトラベラーズノートの企画を担当している飯島です。