« コーヒーと日本酒 | メイン | 地図を描く »

Rock 'n' Roll High School

20190212b.jpg


リチャード・ブローティガンに倣って
ふと頭に浮かんだ空想と遊んでみる。

アメリカのモンタナ州、ロッキー山脈の麓に
ロックンロール・ハイスクールという学校が
あったらしい。

校長も教頭も教師も生徒も用務員も
みんなロックンロールが大好きで、
ロックンロールを教育の指針としている。

国語はロックの歌詞を教材として学び、
歴史はロックの歴史、地理はワールドミュージック
とともに勉強する。
科学の授業は電子楽器の仕組みを学び、
音楽の授業はもちろんみんなでロックを演奏する。

「ブライアン・ジョーンズ、ジミ・ヘンドリックス、
ジャニス・ジョプリン、ジム・モリスンは、1969年
から1971年の間にみんな同じ年齢でこの世を去って
いるが、その年齢は?」

例えば歴史のテストにはこんな問題が出る。
だけど、テストの点数が良くても悪くても、
成績は変わらない。
一方的な評価基準で人に優劣をつけることを
良しとしないことが、この学校の教育方針だから、
そもそも通信簿もない。
ロックの歴史なんて、勉強したいと思えば
勉強すればいいし、そう思わなければ勉強を
しなくてもいい。それを知り探求していくこと
もロックだし、そんなの関係ないぜと、
やりたいようにやることもまたロックなのだ。

卒業生はみんなロックミュージシャンを目指す
わけではない。
僕のようにロックが好きだけど、音痴で音感も
リズム感もないなんて人はたくさんいるし、
そんな人がプロのミュージシャンになれるほど
世界は甘くはない。
だから、ロックな作家やロックな映画監督、
ロックな画家にロックな漫画家を目指す人もいる。
さらにロックなデザイナーに、ロックな先生、
ロックなコーヒーロースター、ロックなラーメン屋、
ロックなサラリーマンに、ロックなノート屋になる
人もいる。

この学校では、ロックは音楽のジャンルやスタイル
ではなく、生きていく姿勢だと定義している。
生きていくための指針となる価値観を作ることが
教育の一番大切なことだと考え、ロックをそのため
の教材と捉えている。

ジョン・レノンが歌うように愛と平和を本気で唱え、
文化や価値観の多様性を尊重し、オリジナルに敬意を
払い、美しくあることを身を削って追求し、
己の信念に忠実で、自由であることを大切にする。

そんな気高い理想を持って
ロックンロールハイスクールは運営されていたが
長くは続かなかった。

先生も生徒も、ロックな価値観を持つから
体制や権威に無意識のうちに反発したり、
メジャーよりインディーズなものに心惹かれたり、
みんなが右へ行こうすると、つい左へ向かって
しまう、あまのじゃく的な気質がある。
それに、ロックが好きになるような人たちは、
心に闇を抱え、冴えない青春を過ごしてきた人が
多いから、その分面倒なひねくれも者も多い。
学校の運営は多くのお金と人が必要なビジネスでも
あるけれど、そんな人たちばかりが集まって、
まともな運営が続けられるわけがない。

80年代を迎え、ロックが巨大ビジネスへと
取り込まれていくのとあわせて、いつしか
閉校となってしまったらしい。

僕は、墨田川高校という東京下町にある高校に
通っていたれど、心のなかではロックンロール
ハイスクールの卒業生だった。
だから自分の半分はロックで作られていると
思っているし、あまのじゃく的な気質もいまだに
消えずに残っている。
ロックから学んだことの多くは、今でも心の
根っこにあって、それは自分と世界との距離を
測るためのものさしのような存在になっている。
長く社会人をやってきたことで、別のものさしも
多少は手に入れたけれど、10代の頃に作られた
価値観は、体の中に染み込んだ気質みたいに
消え去ることなく残っている。

「学校で僕らが学ぶ最も重要なことは、
最も重要なことは学校では学べないということ」
と村上春樹氏がある本に書いていたけれど、
誰もがきっと、本当に大切なことを教えてくれる
僕にとってのロックンロールハイスクールのような
心の学校を持っているのかもしれないですね。
どんな学校なのか想像してみるものなかなか
楽しいですよ。

話は変わりますが、今週2月21日から25日まで
トラベラーズファクトリー中目黒にて、
KO'DA STYLEとshort finger による帆布バッグと
ニット帽の受注会「choice」を開催します。
トラベラーズノート用のバッグとして人気の
コラボトロールは、このイベント限定のすべての
パーツの色を自由に選べるバイキング形式で作る
ことができます。
自分もどんな色で作るか今から楽しみです。
ぜひ皆様遊びにきてください!


20190212a.jpg

コメントを投稿

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

店長のプロフィール

(株)デザインフィルでトラベラーズノートの企画を担当している飯島です。