ホーム > くらしの文例 > 贈り物 > お世話になった方への贈り物 > 【文例】送別の品の添え状(お世話になった方へ)

くらしの文例(贈り物)

【文例】送別の品の添え状(お世話になった方へ)

拝啓 花がほころび、春の陽射しを感じる季節となってまいりました。いかがお過ごしでしょうか。

四月に引越すことが急に決まったにも関わらず、先日開いていただいた送別会では、懐かしい方々が勢ぞろいして思わず涙が出てしまいました。たくさんの方と一同に会し、お別れのご挨拶を十分にすることができたことを、とても感謝しております。
長い間お世話になったお礼として、切子のグラスを一揃いお送りいたしますので、どうぞご笑納ください。奥様とご一緒に、日々の中でお使いいただけましたら幸いです。
引越し先より、またお手紙差し上げます。遠くの地より、これからのご多幸をお祈り申し上げます。どうぞご自愛くださいませ。
またお会いできる日まで。

敬具

関連キーワード

お礼や謝罪の手紙を書く時に困ったら、手紙アシスタント

丁寧な手紙を書きたいけれど、頭語・結語、時候のあいさつ、結びのあいさつなど、どう書けばよいのか分からないという方は、『手紙アシスタント』も是非ご活用ください。

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 179人中101人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP