ホーム > くらしの文例 > 贈り物 > 親しい人への贈り物 > 【文例】贈り物の添え状-2(親戚へ)

くらしの文例(贈り物)

【文例】贈り物の添え状-2(親戚へ)

喜代美さん

こんにちは、ご無沙汰しています。
年賀状を交換して以来ですね。その後、変わりありませんか。
こちらはまだ冷え込みの厳しい朝がつづきますが、
少しずつ雪が解けはじめ、山菜が出まわるようになりました。
タラの芽はぜひ天ぷらにして召し上がってください。
揚げたては本当に美味しいですよ。
あと1カ月もすれば、こちらの桜も見ごろを迎えます。
春を存分に楽しみたいですね。

西村和代

ワンポイントアドバイス

ここでの文例は山菜ですが、物を問わず、贈り物には手書きでメッセージを添えましょう。
その際、春の代名詞のひとつ「桜」の話題を取り入れれば、春の訪れを嬉しく思う気持ちが自然と相手にも伝わります。

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 49人中34人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP