ホーム > くらしの文例 > ご挨拶 > 冬のご挨拶 > 【文例】自分が喪中のときに送る寒中見舞い(恩師へ)

くらしの文例(ご挨拶)

【文例】自分が喪中のときに送る寒中見舞い(恩師へ)


寒中お見舞い申し上げます。
昨年12月20日、父正雄が80歳にて永眠し、
服喪中のため、年始のご挨拶を差し控えておりました。
静かでおだやかな幕引きとなりました。
徳田先生にはいつも大変お世話になっており、
心より感謝しております。
奥様もご健勝とのこと、何よりのこととお慶び申し上げます。
本年も変わらぬご交誼のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。
まだまだ寒さが厳しい日が続きますから、どうかご自愛ください。

吉川 玲子

徳田 義人先生、みどりさま

お礼や謝罪の手紙を書く時に困ったら、手紙アシスタント
このページは役に立ちましたか? はい いいえ 32人中18人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP