ホーム > くらしの文例 > 贈り物 > 親しい人への贈り物 > 【文例】お中元のお返しの送り状(親しい方へ)

くらしの文例(贈り物)

【文例】お中元のお返しの送り状(親しい方へ)


猛烈な暑さがつづきますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。
先日は思いがけず、目にも涼しげな水菓子をいただき、
ありがとうございます。
しばし暑さを忘れて楽しみました。
お礼に、ほんの少しですが、明太子をお送りします。
機会がありましたら、ぜひ博多に遊びにいらしてください。
感謝を込めて。

【使用した商品】

便箋 さるすべり柄 (85699006)

ワンポイントアドバイス

夏の厳しい暑さを表現する言葉には、「うだるような/記録的な/激しい/しのぎがたい/吹き出す汗が止まらない/頭から湯気が出てしまうほどの」などがあります。
お礼を兼ねてお返しの品を送るときには、まずお礼を伝え、その上で「少しですが、こちらからもどうぞ」としたためて。その際、「ほんの気持ちです」「ささやかではありますが」「気持ちだけで恐縮ですが」などの言葉を添えると、品よく感じられると同時に相手も気兼ねなく受け取れます。

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 71人中59人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP