ホーム > くらしの文例 > お礼/感謝 > 贈り物へのお礼 > 【文例】お歳暮のお礼

くらしの文例(お礼/感謝)

【文例】お歳暮のお礼

□□□□様
ポカポカとした午後の陽射しがありがたく感じられます。
その後、お変わりありませんか。
先日はずいぶんと上等な日本酒をありがとうございます。
夫ともども、大変喜んでおります。
お正月に家族で美味しくいただこうと思います。
いつも温かなお心遣いに頭がさがる思いです。
どうかよいお年をお迎えくださいませ。 かしこ
○○○○

ワンポイントアドバイス

贈り物のお礼状を書くときは、「贈ってよかった」と思ってもらえるよう、
いただいた贈り物を品よく褒めることを意識して。
すぐに味見したり、使ったりすることができない場合は、
贈ってくれた心くばりに感謝するのもよい書き方です。

◆いただいた物を褒めるときのフレーズ例
・品質を褒めるとき/すばらしい、上等な、立派な、素敵な、見事な、等
・希少価値を褒めるとき/なかなか手に入らない、貴重な、珍しい、めったにお目にかかれない、等
・好みにマッチしていることを伝えるとき/以前から気になっていた、ずっと欲しかった、(私が)いちばん好きな、等

関連キーワード

お礼や謝罪の手紙を書く時に困ったら、手紙アシスタント

丁寧な手紙を書きたいけれど、頭語・結語、時候のあいさつ、結びのあいさつなど、どう書けばよいのか分からないという方は、『手紙アシスタント』も是非ご活用ください。

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 181人中149人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP