ホーム > くらしの文例 > お礼/感謝 > 贈り物へのお礼 > 【文例】贈り物のお礼-1(義理の両親へ)

くらしの文例(お礼/感謝)

【文例】贈り物のお礼-1(義理の両親へ)

お父さま、お母さま
こんにちは。だんだん春めいてきました。
その後、お変わりありませんか。
先日はご旅行のお土産をありがとうございました。
スペイン産のワイン、ラベルが本当にきれいですね。
「来月の結婚記念日に飲みたいね」と浩介さんと話しています。
ご旅行はいかがでしたか。
お電話から聞こえてきたお母さまのお声が、
とても弾んでいたので、存分にお楽しみだったことと思いますが、
今度ぜひ、もっといろんな話を聞かせてください。
近々、浩介さんと一緒に、ご自宅にお邪魔できればと考えています。
どうかお体を大切にして、暖かくして過ごされますように。
いつもありがとうございます。
                               松山浩介、ひろえ

ワンポイントアドバイス

物をいただいたときのお礼状では、そのもらった物の感想を添えると、喜びが相手に伝わります。食べ物の場合は「美味しかった」のほかに、味わった感想や見た目の印象、いつどんなふうに調理したかなど、口にしたときの様子をつづると、具体的で印象に残ります。
まだ口にする前であれば、どんなときに(だれと・どこで)食べたいかをつづると、大切に思っている気持ちが伝わるでしょう。

*食べ物の場合
・味の感想/美味しい、新鮮、素朴で素材の味をしっかりと感じる、なつかしい味、やさしい味、生命力を感じる味わいなど
・見た目の感想/大きい、たくさん、青々としている、立派、豪華、きれいなど
・その他の感想/珍しい、なかなか手に入らない、今が旬の、初めて食べる、以前から食べてみたかった、大好きななど

お礼や謝罪の手紙を書く時に困ったら、手紙アシスタント
このページは役に立ちましたか? はい いいえ 326人中198人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP