ホーム > くらしの文例 > ご挨拶 > 親しい人へのお手紙 > 【文例】季節の挨拶と近況報告(義理の両親へ)

くらしの文例(ご挨拶)

【文例】季節の挨拶と近況報告(義理の両親へ)

お父様、お母様
 こんにちは。いつの間にか春らしくなりました。
 そちらの桜は今週末が見頃でしょうか。
お花見をたくさん楽しめるといいですね。
 おかげさまで、私たちは元気にしています。
 〇〇さんは4月から営業部に異動になり、
これまでより少し帰宅時間が遅くなりました。
 私は近くの薬局で、週に3、4日パートで働きはじめました。
 慣れずに戸惑うこともありますが、楽しく働いています。
お父様、お母様にはいつも気にかけていただき、感謝しています。
朝晩はまだ肌寒い日が続きますので、どうかご自愛ください。
 かしこ

ワンポイントアドバイス

<ワンポイントアドバイス>
義理の両親に宛てて書くとき、宛名を「お義父(母)様」とするか、
「お父(母)様」とするかで迷う人もいるでしょう。
どちらが正解ということではありませんが、「お父(母)様」という書き方のほうが、
親しみを感じ、お互いの心の距離を近づけてくれるかもしれません。

関連キーワード

お礼や謝罪の手紙を書く時に困ったら、手紙アシスタント

丁寧な手紙を書きたいけれど、頭語・結語、時候のあいさつ、結びのあいさつなど、どう書けばよいのか分からないという方は、『手紙アシスタント』も是非ご活用ください。

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 203人中156人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP