ホーム > くらしの文例 > お悔やみ > 親しい人へのお悔やみ > 【文例】お悔やみ-1 (お子さんを亡くされた方へ)

くらしの文例(お悔やみ)

【文例】お悔やみ-1 (お子さんを亡くされた方へ)

このたびはあまりのことに言葉を失っております。
まさか、あのかわいらしいお嬢様が急に天国に旅立たれるとは……
〇〇さんの驚きと悲しみを想うと、胸が押しつぶされそうになります。
どうかお気を強く持ってください。
悲しみが少しでも癒されますように、
そして、1日も早く心に平穏が戻りますように、
心よりお祈り申し上げます。
合掌

ワンポイントアドバイス

<ワンポイントアドバイス>
お悔やみの手紙を書くときは、書くほうも気持ちが辛くなるものです。
動揺が文字に出てしまうこともありますが、できるだけ心を落ちつかせ、「早く元気になってほしい」という気持ちを込めて文字をつづりましょう。

◆悲しみの淵にいる人に向けてかける言葉
・悲しみが癒されますように
・心に平穏が戻りますように
・お気を強く持ってください
・お体を大切にしてください
・早く元気になってください
・いつもの明るい笑顔が見られることを願っています

関連キーワード

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 162人中138人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP