ホーム > くらしの文例 > 依頼 > プライベートの依頼 > 【文例】賃貸物件の保証人のお願い(親戚へ)

くらしの文例(依頼)

【文例】賃貸物件の保証人のお願い(親戚へ)

叔母さん、お久しぶりです。その後、お変わりありませんか。
今日はお願いがあり、手紙を書いています。
この春、転勤して勤務先が変わり、通勤時間が長くなったので、
できれば今月中に会社の近くに引っ越したいと思っています。
先日、不動産屋さんで、とても良さそうな物件を見つけました。
ただ、そのマンションを借りるには、保証人が必要です。
保証会社に依頼することもできますが、
その分、敷金が割高になってしまいます。
できれば叔母さんにお願いできたらありがたいのですが、
お引き受けいただけないでしょうか。
借金の保証人と違い形式的なもので、ご迷惑をおかけすることはありません。
来週半ばごろまでに書類を持ってそちらにお願いに行きたいと思っています。
連絡をお待ちしています。

ワンポイントアドバイス

<ワンポイントアドバイス>
どんな種類の保証人なのか、責任はどの程度なのか。具体的に書いて、相手に納得してもらいましょう。

◆大事なお願いをするときのフレーズ
(決してご迷惑をおかけするようなことはありませんので)
・お引き受けいただけないでしょうか
・なんとかお願いできないでしょうか
・お聞き入れいただけないでしょうか

関連キーワード

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 11人中10人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP