ホーム > くらしの文例 > お礼/感謝 > 贈り物へのお礼 > 【文例】結婚祝いのお礼-1

くらしの文例(お礼/感謝)

【文例】結婚祝いのお礼-1

〇〇おじさん、△△おばさん
先日は華やかなお祝いの品を本当にありがとうございました。
早速リビングに飾ったところ、雰囲気がパッと明るくなりました。
お二人を見習って、温かい家庭を築いていきたいと思っています。
今後とも、よろしくお願いいたします。
感謝を込めて。
△△□□、○○

ワンポイントアドバイス

<ワンポイントアドバイス>
結婚祝いの品は夫婦2人に宛てて贈られたものですから、そのお礼状では書き手の名前を夫婦連名で記載しましょう。その際、相手が夫と妻、いずれの親戚(知人)であるかにかかわらず、夫を立てて、夫、妻の順で書くのが基本です。
同じように、子どもを含めた家族全員に宛てて贈られた物に対するお礼状の場合は、家族全員の名前で書きましょう。

お礼や謝罪の手紙を書く時に困ったら、手紙アシスタント

丁寧な手紙を書きたいけれど、頭語・結語、時候のあいさつ、結びのあいさつなど、どう書けばよいのか分からないという方は、『手紙アシスタント』も是非ご活用ください。

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 45人中27人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP