ホーム > くらしの文例 > お見舞い > 傷病のお見舞い > 【文例】お見舞いの品に添える一筆箋(親戚へ)

くらしの文例(お見舞い)

【文例】お見舞いの品に添える一筆箋(親戚へ)


○○おばさま

このたびは心よりお見舞い申し上げます。
お加減はいかがですか。
どうかくれぐれもお大事になさってください。
ほんの気持ち、チョコレートを贈ります。
早くよくなりますように。

△△△△

【使用した商品】

一筆箋 はなあさぎ (20324001)

ワンポイントアドバイス

病気やケガをした相手は心細く思っているかもしれません。
落ち込んでいる相手をやさしく励まし、元気を贈るつもりで文字を綴りましょう。
その際、ネガティブな言葉をポジティブな表現にあらためると、
さらに喜ばれる手紙になります。

【例】
・大事に至りませんように
→ 早くよくなりますように

・あまり心配しないように
→ 大丈夫だから安心して

・治療が長引かないように
→ 1日も早く快復するように

・いつまでもクヨクヨしないように
→ 早く元気を出して

関連キーワード

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 244人中206人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP