ホーム > くらしの文例 > お礼/感謝 > お世話になった方へのお礼 > 【文例】子どもを預ってもらったお礼(義理の両親へ)

くらしの文例(お礼/感謝)

【文例】子どもを預ってもらったお礼(義理の両親へ)


お父さん、お母さん
寒い日が続きますが、お元気ですか。
先日は俊太と真理の面倒を見ていただき、ありがとうございました。
ふたりとも、お母さんの手料理がよほど美味しかったようで、
今日も「また食べたい」と話していました。
わたしもお母さんを見習って、もっと工夫しないといけませんね。
おかげさまで、久しぶりの同窓会を楽しむことができました。
いつも助けていただき、ありがとうございます。
またメールします。お身体に気を付けて。
                               斎藤洋一、晴実

ワンポイントアドバイス

多くの場合、孫はだれよりも可愛らしい存在です。義理の両親に宛てて手紙を書くときには、子ども(孫)の話題をふんだんに盛り込むと、離れていても、その存在を近く感じてもらえるでしょう。
なお、義理の家族に対しては、差出人の名前をパートナー(夫・嫁)と連名にして送りましょう。贈り物をいただいたときのお礼状では、夫婦の名前に加えて子どもの名前もつづると、「家族みんなで感謝している」気持ちを伝えられます。

お礼や謝罪の手紙を書く時に困ったら、手紙アシスタント
このページは役に立ちましたか? はい いいえ 166人中96人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP