ホーム > 仕事の文例 > お詫び > 納期遅れ/連絡遅延 > 【文例】納期遅れのお詫び(製品の納品遅れ)取引業者様へ

仕事の文例(お詫び)

【文例】納期遅れのお詫び(製品の納品遅れ)取引業者様へ

○月○日に納品予定のキャンペーン用製品を、ご指定の納期に間に合わせることができず、心よりお詫び申し上げます。
貴社には、納品のタイミングに合わせて会場や人員の手配をいただいておりましたのに、皆様をお待たせしてしまう事態となり、多大なご心配とご迷惑をおかけいたしました。納品遅れによるご心労はいかばかりだったかと拝察しますとお詫びの言葉もございません。猶予くださった寛大なご対応に、ただただ感謝の限りでございます。
このたびの件は、弊社営業部と物流部の初歩的な連絡ミスであり、あらためまして、社内の連絡体系の見直しと強化を図る所存でございます。
ご信頼いただいております貴社に、あってはならない事態を起こしてしまいまして、本当に申し訳ございませんでした。

ご注意:
「頭語」や「結語」に関しては省略していますので、必要な方はこのサイトの「手紙の基本」ページ、または「手紙アシスタント」を参考にしてみてください。

【仕事】「お詫び」の手紙のマナーと文例

「お詫びの手紙のマナーと文例」では、文章の構成や便箋の選び方など、お詫びの手紙の書き方のマナーとポイントについてご紹介しています。

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 2人中1人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP