ホーム > 仕事の文例 > お詫び > 発送ミス/商品破損/対応ミス/システムトラブル > 【文例】不良品のお詫び(商品の破損)消費者様へ

仕事の文例(お詫び)

【文例】不良品のお詫び(商品の破損)消費者様へ

取り急ぎお詫び申し上げます。私の不注意で商品の一部に破損があり、ご迷惑をお掛けいたしまして大変申し訳ございません。ただ今、お取替えの商品のご手配をいたしました。
当店の商品をお気に召してご利用くださっているお気持ちを思いますと、大変心苦しい限りでございます。
日頃より商品管理には十分に注意を払っているつもりでしたが、至らずお恥ずかしく存じます。このたびのことを重く受け止め、二度とこのようなことが無いよう肝に銘じ、梱包を開けた瞬間に笑顔になっていただけるよう真心こめて務めます。
誠に勝手ではございますが、これに懲りずに今後とも何とぞよろしくお願い申し上げます。
お手紙でのお詫びにて失礼いたします。

ご注意:
「頭語」や「結語」に関しては省略していますので、必要な方はこのサイトの「手紙の基本」ページ、または「手紙アシスタント」を参考にしてみてください。

【仕事】「お詫び」の手紙のマナーと文例

「お詫びの手紙のマナーと文例」では、文章の構成や便箋の選び方など、お詫びの手紙の書き方のマナーとポイントについてご紹介しています。

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 1人中1人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP