ホーム > 仕事の文例 > お礼 > お中元/お歳暮 > 【文例】お歳暮をいただいたお礼(取引先へ)

仕事の文例(お礼)

【文例】お歳暮をいただいたお礼(取引先へ)


謹んで申し上げます 行く年を惜しみながら新しい年に希望を馳せるこの頃。
佐藤様におかれましては、ますますご活躍のことと拝察いたします。
 さて、この度はお心のこもったお歳暮の品をお送りいただきまして、
誠にありがとうございます。長らくご無沙汰しているにもかかわらず、
お心にかけていただき恐れ入ります。
 佐藤様がわたくしの好みをご推察してお選びくださったチョコレートは、
砂糖不使用ということで、カロリーを気にせず堂々と手にとることができました。
大変コクがあるのに、サラッとした優しい口当たり。
気が付くと完食しており、自分でも驚きました。
 丁度疲れていたときでしたので、佐藤様のお心遣いが
チョコレートの優しい風味とともに心と体に沁み渡っていくようでした。
いつもながらのお心遣いに深く感謝申し上げます。
 それでは、師走という慌ただしい時期ですが、何卒ご自愛専一にお過ごしください。
新年にお目にかかれることを楽しみにいたしております。
 まずは、お礼まで。 敬具

【文例監修】

一般社団法人日本プロトコール・マナー協会 理事長 船田三和子 プロフィール>>

ワンポイントアドバイス

贈り物を受け取ったらすぐにお礼状を出しましょう。出来れば3日以内に。
事務的な印象にならないように、いただいたものに対してどのように嬉しかったか、
どのように楽しんだかを具体的に書きます。
相手がその品を選んだ気持が分かるときは、そこについても触れると、
気持が伝わったと喜んでもらえるでしょう。

お礼や謝罪の手紙を書く時に困ったら、手紙アシスタント

丁寧な手紙を書きたいけれど、頭語・結語、時候のあいさつ、結びのあいさつなど、どう書けばよいのか分からないという方は、『手紙アシスタント』も是非ご活用ください。

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 96人中79人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP