ホーム > 仕事の文例 > お詫び > 発送ミス/商品破損/対応ミス/システムトラブル > 【文例】発送ミスのお詫び(会社から個人へ)

仕事の文例(お詫び)

【文例】発送ミスのお詫び(会社から個人へ)


謹啓 なによりもまずお詫びを申し上げます。
このたびは、当方の不手際で発送間違いをしてしまいまして、誠に申し訳ございませんでした。
注文と違う商品が○○様のお手元に届き、さぞ驚かれ気分を害されたことと存じます。
せっかく当店を信頼してご利用くださいましたのにと、心が痛みます。
 ○○様の寛大なお心でお許しくださり、商品を取替えさせていただけますこと、
心より感謝申し上げます。
 二度とこのような間違いが無いよう、スタッフひとりひとりが肝に銘じ、
これまで以上に真心込めて取り組んでまいります。
 誠に勝手を言って申し訳ございませんが、どうか今後も変わらぬご愛顧のほどお願い申し上げます。
 このたびは、誠に申し訳ございませんでした。 謹白

【文例監修】

一般社団法人日本プロトコール・マナー協会 理事長 船田三和子 プロフィール>>
【仕事】「お詫び」の手紙のマナーと文例

「お詫びの手紙のマナーとポイント」では、文章の構成や便箋の選び方など、お詫びの手紙の書き方のマナーとポイントについてご紹介しています。

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 95人中90人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP