ホーム > 仕事の文例 > お礼 > 就職活動 > 【文例】内定先へのお礼(転職者向け)

仕事の文例(お礼)

【文例】内定先へのお礼(転職者向け)


謹啓 春光天地に満ちる春陽のみぎり、貴社の皆様におかれましては一層ご健勝のことと存じます。
このたびは採用に際し、佐藤様にたくさんのお時間を頂戴したいへんお世話になりましたことを、
厚くお礼を申し上げます。ご多忙でいらっしゃるにもかかわらず、いつもとても親切にご対応くださり、
ありがたく存じております。
更には内定のご通知もいただき、感謝の限りでございます。
憧れだった貴社で仕事ができることを考えますと、やる気が漲ってまいります。
皆様から教えを請うことばかりかと存じますが、
ご期待いただいております○○に関しましては、知識とスキルを十二分に発揮し、
お応えできるよう精一杯努める所存でございます。
初心を忘れず謙虚な気持ちを持って、貴社の更なる発展のため、日々の仕事に取り組んでまいります。
若輩者ですが、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。
略儀ながら、書中をもちましてお礼を申し上げます。 敬白

平成○○年3月1日
田中一郎
株式会社○○○○ 人事部
佐藤学様

【文例監修】

一般社団法人日本プロトコール・マナー協会 理事長 船田三和子 プロフィール>>

ワンポイントアドバイス

書く内容のポイントは、次の通りです。
1.面接をはじめ採用に際して時間をいただいたお礼
2.内定のお礼
3.就職に当たっての抱負や意気込み
4.今後の指導を願う言葉
さらに、転職者の方が入れた方が良い内容は、
1.新しい職場で謙虚に働こうとする姿勢
2.特別に期待されている知識やスキルがある場合には、それらについて取り組む姿勢
これらを入れることにより、やる気と感じの良さが伝わるでしょう。

時候のあいさつは、お礼状を送る時期に合わせて変更してください。

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 36人中35人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP