ホーム > 仕事の文例 > お礼 > 会食/パーティ/式典 > 【文例】会食のお礼(他社の役職がある方へ)

仕事の文例(お礼)

【文例】会食のお礼(他社の役職がある方へ)


謹啓 春たけなわの頃となり、ますますご隆盛のことと存じます。
 前回、パーティーで初めてお目にかかったにも関わらず、このように早く再会する機会を設けてくださり、誠にありがとうございました。思いがけずご馳走になり、重ねてお礼を申し上げます。食通の□□様が選んでくださったお店は、さすが素晴らしいお料理ばかりで、五感で存分に堪能させていただきました。
 お食事もさることながら、公私にわたるさまざまな事柄をじっくり語り合うことができたお時間は貴重であり、感謝の念に堪えません。業界で人格者としても名高い□□様ですが、意外な一面も知ることができ、より一層親しみが湧きました。貴社の製品への想いを伺い、素晴らしい製品が次々と開発される原動力が分かり、感動いたしました。弊社のサービスとコラボレーションさせていただけましたら、必ず業界に新しい風を吹かせることができると確信いたしております。ぜひ、両社で○○のプロジェクトを実現できますと幸甚です。
 まだまだ話し足りないこともございますので、またお目にかかれますことを楽しみにしております。次は、わたくしがお店を探し、ご連絡いたします。今後ともお付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。 謹白
 平成○○年○月○日

【使用した商品】

きれいな手紙が万年筆で書ける便箋 無罫A

お会いして間もない間柄で、役職のある方にお送りする際には、今後仕事に結び付けることも想定して、さらに信頼感の得られる形式や便箋を選びましょう。礼儀正しさと形式を重視し、最も格の高い、罫線なしの白便箋『きれいな手紙が万年筆で書ける便箋』無罫Aが、ふさわしいでしょう。

【文例監修】

一般社団法人日本プロトコール・マナー協会 理事長 船田三和子 プロフィール>>

ワンポイントアドバイス

異業種交流会などで出会った方と、後日食事を共にしたり、ご馳走になったときには、お礼状を書きましょう。
信頼関係を構築しやすくなり、ビジネスに繋げることがスムーズになります。
書く内容のポイントは、次の通りです。

1.食事を共にしたお礼
2.ご馳走になった場合は、そのお礼
3.感想や感動したことを具体的に書き、有意義な時間を過ごせたことを伝える
4.自分の想いや今後の願望などを書き、それに対して自分が取るべきアクションも書くとよい
5.今後のお付き合いを願う言葉や相手の発展を祈る言葉で締めくくる

ビジネスシーンでの便箋の書き方はこちら>> 【仕事】便箋の基本

お礼や謝罪の手紙を書く時に困ったら、手紙アシスタント

丁寧な手紙を書きたいけれど、頭語・結語、時候のあいさつ、結びのあいさつなど、どう書けばよいのか分からないという方は、『手紙アシスタント』も是非ご活用ください。

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 21人中17人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP