ホーム > 仕事の文例 > お礼 > その他 > 【文例】プロジェクトご協力のお礼(取引先の方へ)

仕事の文例(お礼)

【文例】プロジェクトご協力のお礼(取引先の方へ)


謹啓 晩夏の候、貴社におかれましては、いよいよご清栄のこととお喜び申し上げます。
 これまで、弊社の○○サービスに多大なるご協力をいただきまして、誠にありがとうございました。先日、お電話でもお伝えいたしましたが、こちらのサービスは、○月○日をもちまして終了とすることとなりました。
 プロジェクトの段階から、この道三十五年という熟練の技術をお持ちの貴社のお力添えのおかげで、大変スムーズに仕事が運び、このサービスが多くの方から長く愛され続けてくることができたと、感謝の気持ちでいっぱいでございます。
 時代のニーズが変わってまいりましたため、このたびは、終了することとなりましたが、また何かのプロジェクトでご一緒できましたら幸いに存じます。今後とも、何とぞよろしくお願い申し上げます。
 末筆ながら、貴社のますますのご発展をお祈り申し上げます。   謹白 

【文例監修】

一般社団法人日本プロトコール・マナー協会 理事長 船田三和子 プロフィール>>

ワンポイントアドバイス

取引先にご協力いただいたプロジェクトが終了し、その件について電話やメールなどで伝えてあっても、改めて手紙でこれまでの感謝の気持ちを伝えましょう。そうすることで、今後の関係性を保ちやすくなるでしょう。
書く内容のポイントは、次の通りです。
1.これまでプロジェクトにご協力いただいたお礼
2.現在の状況や今後などについて伝える(このたびの文例の場合、サービスが終了すること)
3.ご協力いただいてよかった点や助かった点などを具体的に書く
4.今後もお付き合いを乞う言葉で締めくくる

ビジネスシーンでの便箋の書き方はこちら>> 【仕事】便箋の基本

お礼や謝罪の手紙を書く時に困ったら、手紙アシスタント

丁寧な手紙を書きたいけれど、頭語・結語、時候のあいさつ、結びのあいさつなど、どう書けばよいのか分からないという方は、『手紙アシスタント』も是非ご活用ください。

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 17人中13人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP