ホーム > ビジネス文例 > お祝い > 就任/昇進 > 【文例】社長就任のお祝い(取引先の社長へ)

ビジネス文例

【文例】社長就任のお祝い(取引先の社長へ)


謹啓 春寒の候、ますますご隆盛のこととお喜び申し上げます。
 このたびは社長ご就任との吉報に際して、心よりお祝いを申し上げます。貴社の方々や弊社の担当者から、□□社長の日頃からの素晴しい手腕について耳にしておりました。ご抜擢は、その仕事力と人望の厚さの結果と拝察いたしております。これまで弊社も、多大なるお力添えをいただき改めて深くお礼を申し上げます。
 今後は、□□社長と直接お話する機会が増えることと存じますので、楽しみにいたしております。これまで以上に、お互いの会社に有益なお付き合いができますと幸甚でございます。よろしくお願いいたします。
 それでは、更なる重責が待ち受けているかと存じますので、お身体を大切にされ、より一層のご活躍をお祈り申し上げます。 謹白

【使用した商品】

墨痕淋漓 (ぼっこんりんり)

【文例監修】

一般社団法人日本プロトコール・マナー協会 理事長 船田三和子 プロフィール>>

ワンポイントアドバイス

心からお祝いと喜びの気持が伝わることが大切なので、相手が最も喜びを感じているときに読んでいただけるよう、祝い事を知ったらなるべく早く送りましょう。

書く内容のポイントは、次の通りです。

1.最初にお祝いの言葉を述べる
2.成功やご活躍をたたえたり、お世話になったお礼を述べる。また、これまでより密接な付き合いになることを考え、付き合いや仕事がより一層お互いにとり、円滑かつ有益なものにしていきたいという願いの言葉を添える
※「さすがですね」などという、上から目線に感じられるような言葉は避けましょう
3.これまで以上に忙しくなる可能性が高いので、健康を気遣い言葉を書き添える
4.今後の活躍を祈る晴れやかな言葉で締めくくる

ビジネスシーンでの便箋の書き方はこちら>> 【ビジネス】便箋の基本

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 2人中1人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP