ホーム > 仕事の文例 > 添え状 > お中元/お歳暮/贈り物 > 【文例】バレンタインにチョコレートを贈る際の一筆箋(取引先の役職の高い方へ)

仕事の文例(添え状)

【文例】バレンタインにチョコレートを贈る際の一筆箋(取引先の役職の高い方へ)


株式会社□□□□ 部長□□□□様
平素より格別のお引き立てを頂戴し、深く感謝申し上げます。
□□様からいただくお言葉の一つひとつに大変励まされております。
ご多忙の□□様にとりまして、少しでもおくつろぎいただけますようにと、日ごろの感謝を込めて、ささやかながらバレンタインのチョコレートを選びました。ご賞味いただけましたら、うれしく存じます。
平成○○年○月○日
株式会社△△△△ △△部 △△△△

【使用した商品】

一筆箋 ボリューム和紙 花の塵柄(クリーム色)

役職の高い方には、一筆箋であってもオフィシャルな礼儀正しい印象を与えるものを選びましょう。紙質が和紙で、罫線なしの『花の塵』がお勧めです。ビジネスシーンなので、オーソドックスなクリーム色を選ぶとよいでしょう。

【文例監修】

一般社団法人日本プロトコール・マナー協会 理事長 船田三和子 プロフィール>>

ワンポイントアドバイス

バレンタインのチョコレートを贈る際には、一筆箋に日頃の感謝の気持ちを添えて送りましょう。取引先の役職の高い方に対して、失礼のない敬語を使い、言葉を選びます。

書くポイントは、次の通りです。

1.まずは日頃のお礼の言葉を書く

2.日頃、どのようにお世話になり、どのように感謝をしているのか簡潔に伝える

3.相手に対する思いやりの心や、気持ちが伝わるようにと品物を選んだ思いを添える
その際に、役職の高い方に対して、失礼のない言い回しにするよう注意する

ビジネスシーンでの一筆箋の書き方はこちら>> 【仕事】一筆箋の基本

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 4人中4人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP