ホーム > 仕事の文例 > 添え状 > お中元/お歳暮/贈り物 > 【文例】バレンタインにチョコレートを贈る際の一筆箋(取引先のチームへ)

仕事の文例(添え状)

【文例】バレンタインにチョコレートを贈る際の一筆箋(取引先のチームへ)


株式会社□□□□ □□部 御中
貴社の皆様には、いつも親切にご対応いただき、お礼を申し上げます。日頃の感謝の気持ちを込めて、チョコレートをお贈りいたします。
人気のチョコレートを皆様に召し上がっていただきたく、ご用意いたしました。お口に合いますと幸いです。
まだ寒い日が続きますが、皆様のご健勝をお祈り申し上げます。
平成○○年○月○日
株式会社△△△△ △△部 一同

【使用した商品】

一筆箋 いろほのか

ビジネスシーンにふさわしい縦書きでありかつバレンタインの季節に合った梅柄の『いろほのか』。このデザインは、日頃の感謝の気持ちを優しく届けてくれるでしょう。

【文例監修】

一般社団法人日本プロトコール・マナー協会 理事長 船田三和子 プロフィール>>

ワンポイントアドバイス

チョコレートだけを贈るのではなく、一筆箋も添えて日ごろの感謝の気持ちを一緒に届けましょう。簡潔でもきちんと伝わる文章は、受け取り手により一層喜んでもらえることでしょう。

書くポイントは、次の通りです。

1.日頃、どのようなことに感謝しているのかを簡潔に伝える

2.単にバレンタインデーだから差し上げるのではなく、相手に喜んでいただけるようにとの思いが伝わる言葉を書く

3.相手の健康を気遣う言葉で締めくくる

ビジネスシーンでの一筆箋の書き方はこちら>> 【仕事】一筆箋の基本

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 1人中1人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP