ホーム > 仕事の文例 > 添え状 > お中元/お歳暮/贈り物 > 【文例】退職する方への贈り物に添える一筆箋(退職する後輩へ)

仕事の文例(添え状)

【文例】退職する方への贈り物に添える一筆箋(退職する後輩へ)


□□さん
〇年間お疲れさまでした。そして、新しい旅立ちへの第一歩おめでとうございます。□□さんなら、きっと独立してからも、素晴らしい成果を出され、多くの方々に喜ばれることでしょう。また、どのようなときでも人生を切り開くことができると確信しています。
お祝いの気持ちとして、以前好きだと聞いていた○○をプレゼントに選びました。気に入ってくれるとうれしいです。新しい環境での活躍を応援しています。
                                        △△△△

【使用した商品】

一筆箋 森色ノキモチ

「森色ノキモチ」は、これからの活躍を、清々しい気持ちで応援しているという文面が映える色味とデザインです。年齢、性別を問わずにご使用いただけますので、ビジネスシーンにおいて、先輩や後輩、同僚宛てに送る際におすすめです。

【文例監修】

一般社団法人日本プロトコール・マナー協会 理事長 船田三和子 プロフィール>>

ワンポイントアドバイス

贈り物の品とともに、エールを送るひと言を一筆箋で添えましょう。
受け手である後輩の優れている点や人柄、プレゼント選びのポイントなどを盛り込むことで、より気持ちの伝わるメッセージになるでしょう。

書くポイントは、次の通りです。

1. まずは、相手へのねぎらいの言葉を書く

2. これまで一緒に仕事をしてきたなかで感じた相手の優れている点や人柄などが伝わる文章を書く

3.相手が大切に思っていること、好きなことや物などを考慮して贈り物を選んだことが伝わるひと言を添える(自分の好きなものを覚えていてくれたことが分かると、より一層喜ばれることでしょう)

4. 励ましの言葉で締めくくる

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 1人中1人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP