ホーム > 仕事の手紙の書き方 > 【仕事】ワンポイントアドバイス > 【仕事】「お詫び」の手紙のポイント > 締め切り期日が遅れたことへのお詫び(取引先へ)

【仕事】「お詫び」の手紙のポイント

手紙はタイミングを外さないことが大切ですが、中でもお詫びはすぐに出しましょう。
時候の挨拶は書かず、単刀直入に本題に入りましょう。
申し訳ないという気持ちを伝えることが最大の目的です。
ただし、お詫びの言葉だけではなく、何がどう迷惑をかけたのか具体的に書きましょう。
そして、謝るだけではなく、相手の善意や理解に感謝の気持ちを持っていることも書きましょう。

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP