ホーム > 仕事の手紙の書き方 > 【仕事】ワンポイントアドバイス > 【仕事】「添え状」の手紙のポイント

【仕事】「添え状」の手紙のポイント

いろいろなシーンの手紙で押さえておきたいポイントを例文とともにご紹介します。

監修:一般社団法人日本プロトコール・マナー協会 理事長 船田三和子

<<ワンポイントアドバイス 一覧へ

お歳暮を贈る際の添え状(取引先へ)

お歳暮は一年の感謝の気持ちでもあり季節の挨拶でもありますので、
時候の挨拶は必ず書きましょう。「~の候」ではなく、自分の言葉で書くのがポイントです。
日ごろの感謝と、特にお世話になった件があればそれについても書きます。
一年の感謝ですから、丁寧な言葉で綴りましょう。

参考文例はこちら>>

資料送付の際の添え状(資料請求された方へ)

資料、サンプル、書類などを事務的に送っている印象にならないように、
ビジネス文書のほかに手書きの文章を添えましょう。そうすることによって、
ビジネスシーンでもお相手に温もりを伝えることでき、仕事の契約に繋がりやすいです。

参考文例はこちら>>

贈り物(お歳暮)に添える一筆箋(取引先へ)

贈り物は感謝の気持ちなどを表すものですので、お送りする手紙もお礼状と考えて、
その気持ちが伝わる文章を書くことが大切です。
「お世話になっております」は事務的で気持が伝わりづらいので、自分の言葉で表現することをお勧めいたします。
また、気持を表現するために選んだことが伝わるひとことを入れると、受け取ったお相手にも喜んでいただけます。
「つまらないものですが」という表現は避けましょう。

参考文例はこちら>>

商品サンプルの送付に添える一筆箋(取引先へ)

短い文章の中にも、日ごろの感謝の気持ちと相手企業への思いを入れると、大切な取引先と思っている気持が伝わります。

参考文例はこちら>>

ご購入商品の送付に添える一筆箋(お客様へ)

購入した商品の選択が正しかったと思っていただけるような言葉を入れましょう。
また、アフターメンテナンスについて書くことで、信頼度が高まります。

参考文例はこちら>>


PAGE TOP