ホーム > 仕事の手紙の書き方 > 【仕事】ワンポイントアドバイス > 【仕事】「依頼状」の手紙のポイント

【仕事】「依頼状」の手紙のポイント

いろいろなシーンの手紙で押さえておきたいポイントを例文とともにご紹介します。

監修:一般社団法人日本プロトコール・マナー協会 理事長 船田三和子

<<ワンポイントアドバイス 一覧へ

セミナー講師の依頼状(取引先に紹介してもらった初めての方へ)

初めての相手に手紙を書く時には、前文不要で
「突然お手紙を差し上げる失礼をお許しください」「はじめてお便り差し上げます」などの言葉で書き始めます。
受け取り手は差出人に心当たりが無いのですから、自分の会社や自分の名前を名乗ることと紹介者名を書くようにしましょう。
また、書類送付だけではなく後日、電話や直接会うなどのアクションを書くことで不信感を軽減することに繋がります。

参考文例はこちら>>


PAGE TOP