ホーム > 仕事の手紙の書き方 > 【仕事】ワンポイントアドバイス > 【仕事】「お見舞い」の手紙のポイント > 怪我のお見舞い(同部署の先輩へ)

【仕事】「お見舞い」の手紙のポイント

お見舞いの手紙は、葉書ではなく封書で書くのがマナーです。
季節の挨拶は省き、すぐに主文に入ります。
入院となれば、不安や後ろ向きな気持ちになりがちです。
病名や病状について詮索するようなことは書かないようにし、病院の評判が良いなど前向きな気持ちになる言葉を選びましょう。
なお、結語の「かしこ」は女性が使う言葉ですので、男性の場合は「草々」を使います。

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 2人中2人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP