ホーム > 手紙の達人コラム > 手紙の達人コラム 気になる「あの人」との距離を縮める手書きフレーズ

手紙の達人コラム

手紙の達人コラム 気になる「あの人」との距離を縮める手書きフレーズ

仕事をしていて、「素敵だなぁ」「格好いいなぁ」と感じる異性に出会うことはありませんか。
恋愛感情ではなく人としての尊敬や憧れであっても、憎からず思う相手がいれば、お互いの心の距離をギュギュッと縮めることで、仕事はもっと楽しく、毎日はもっとハッピィになるはず。
気になる人に気に入られたいとき、恋心を察してほしいとき、異性にモテたいときにも、手書きのフレーズは絶大な効果を発揮します。

メッセージを渡しやすい場面には、ちょっとしたプレゼントのやりとりがあります。
旅行先で購入したお土産、バレンタインデーやホワイトデーの贈り物、コンビニで買ったちょっとしたお菓子などを渡すときに、日ごろの感謝やねぎらいのひと言を添えましょう。
その反対に、相手からお土産やプレゼントをもらったり、ランチやお酒をごちそうになったり、仕事を手伝ってもらったり、何かしらの好意を受けたときにも「ありがとう」の気持ちを手書きで伝えましょう 。

 ポイントは短い文章であっさりと書くこと。

手書きの手紙はともすると重く受け取られがちですから、何気ない言葉でさらりとしたためることが大切です。あまりかしこまらず、手の平サイズのひとことカードやユニークな付箋を使いましょう。
そのひと言を喜んでもらえれば、好意の連鎖がつづき、職場も雰囲気はきっと明るくなります。毎日の出勤が楽しくなり、仕事でも成果を生みだせるようになるでしょう。

ここではオフィスでも使えるひと言フレーズをいくつか紹介します。


<日ごろの感謝>

  •  いつも感謝しています
  • いつもフォローしてくださり、ありがとうございます
  • ××さんのおかげで、助かりました
  • 気遣っていただき、うれしかったです
  • また教えてください
  • これからも、よろしくお願いします

 

<ねぎらい・励まし>

  • いつも遅くまでおつかれさまです
  • 今日の××さん、格好よかったです
  • グッときました(笑)
  • 心がホッとやわらぎました
  • 週末はゆっくり休めるといいですね
  • あまり無理なされないでくださいね
  • がんばり過ぎずにがんばりましょう

ページ先頭

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 53人中43人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP