ホーム > 手紙の達人コラム > 手紙の達人コラム 手紙、もっと気軽に楽しむために・・・

手紙の達人コラム

手紙の達人コラム 手紙、もっと気軽に楽しむために・・・

こんにちは、いかがお過ごしですか。
手紙文化愛好家、むらかみかずこです。

さっそくですが、ひとつ質問があります。
みなさんは手紙を書くのが好きですか。
いきなり「さぁ、手紙を書きましょう!」と言われても、中には気がすすまないという人もいるかもしれません。

手紙はもらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手。
携帯電話やパソコンのメールに慣れてしまい、
「手書きはおっくう」
「自分の書く字に自信がない」
「なんて書けばいいか、よくわからない」
と、苦手な理由ばかりが頭の中に浮かんでくる人もいるでしょう。

けれど、手書きの手紙には、ただ「手書きである」というだけで、すでに価値があります。
長文の手紙を書こうとすると大変かもしれませんが、ポストカードや一筆箋、ひとこと箋を使ってほんの数行したためるだけなら、気が楽というもの。

さらに、わたしは、手紙は文章だけでなく、便箋、切手などのさまざまな要素が組み合わさって気持ちが伝わるものだと感じています。
便箋や切手を選ぶときには、相手の顔を思い浮かべましょう。
季節の風物が描かれたものや、旅先で購入したもの、名前にちなんだもの、趣味や出身地にちなんだものなど・・・。
それらを選ぶ時間も、相手を思う大切な手紙時間の一部です。

どうしてもペンが止まってしまうという人は、メールを打つように文字を書いてみましょう。
わたしはいつも、メールと同じ感覚で、手書きでメッセージをしたためます。
たとえば、目上の人には「お世話になっております」「ご無沙汰しております」。知人には「こんにちは、お久しぶりです」。気の置けない友人には「久しぶり!元気?」という具合です。
これなら、だいぶリラックスできると思いませんか。

手紙はもっと自由でいい。
自分らしく楽しむのが、手紙上手への近道です。

ページ先頭

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 22人中17人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP