ホーム > 手紙の達人コラム > 手紙の達人コラム サプライズな感動とともに。未来に届く手紙

手紙の達人コラム

手紙の達人コラム サプライズな感動とともに。未来に届く手紙

先日、子育て真っ最中の友人とお茶していたときのこと。
その友人が、ふと言いました。
「子どもが大きくなったとき、今の私の気持ちをわかってくれるのかな」
その友人は今、仕事のキャリアをいったんわきに置き、毎日一生懸命子育てをしています。その自分の今の気持ち、子を思う親の気持ちを子どもが大人になったときにわかってほしい。そう心から願っているのでしょう。
この話を聞いて、‘未来に届く手紙’を思い出しました。

ここでいう‘未来に届く手紙’とは、大切な手紙や小包を所定の期日に指定した相手のところに届けてもらうタイムカプセル郵便のことをいいます。

たとえば、

  • 10年後の自分に宛てて手紙を届けてほしい
  • 付き合っている相手の来年の誕生日にプレゼントを届けてほしい
  • 母親の還暦の誕生日に手紙を届けてほしい
  • 結婚式当日の気持ちを手紙にしたためて、5年後の自分たち夫婦に届けてほしい
  • 子どもの20歳の誕生日に記念品を届けてほしい
  • 卒業時に書いた生徒みんなの手紙を10年後の同窓会の日まで保管しておいてほしい

NPO法人「みらいねっと」では、こうした要望に応じて、そのときどきの気持ちがたくさん詰まった手紙や記念の品を一時保管、発送代行するサービスを行っています。
預かり期間は最短で10日、最長で20年。土に埋めるタイムカプセルとは異なり、大切な品も劣化しないといいます。

さしあたって、わたしの場合、10年後の自分に宛てて手紙を書くとしたら・・・?

  • いい恋愛していますか
  • どんな男性を好きになっているのでしょう?
  • 仕事は順調ですか
  • 本を何冊、書いていますか。講師としてもベテランですか
  • 相変わらず手紙を書いていますか
  • 両親は健在ですか。…でないとしたら、ちゃんと悔いなく送り出せたでしょうか
  • 愛犬ポン太とは今もよい相棒ですか
  • 甥っ子、姪っ子はもう結婚したでしょうか

なんだか疑問文ばかり並んでしまいましたが、書いているうちに、これらの願いが10年後、本当に現実のものになっていればいいなぁ、と期待が膨らんできました。

願いは紙に書くと叶うものですから。叶えたい願いがあるとき、また、大切な人にサプライズな感動とともにずっと大事にしている気持ちを伝えたいとき、こうしたサービスを利用してみるといいのかもしれません。

タイムカプセル郵便「みらいねっと」
運営団体/特定非営利活動法人(NPO法人)みらいねっと

ページ先頭

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 84人中59人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP