ホーム > 手紙の達人コラム > 手紙の達人コラム 「おめでとう!」の気持ちを伝えるお祝いの手紙

手紙の達人コラム

手紙の達人コラム 「おめでとう!」の気持ちを伝えるお祝いの手紙

皆さんは、お祝いの手紙と聞くと、どんなときに送るものを思い浮かべますか。
誕生日のお祝い、結婚のお祝い、出産のお祝い、合格のお祝い、結婚記念日のお祝い、還暦や米寿など長寿のお祝い…。ざっと思い浮かべてみても、人の一生にはいろいろな「お祝いのシーン」があります。

「おめでとうございます」「よかったですね!」などの言葉を綴っていると、相手に喜ばれるだけでなく、自分も幸せな気持ちになりますよね。
お祝いしてもらって嫌な気持ちになる人はいないのですから、まわりの人のおめでたい場面に遭遇したら、すすんでお祝いの言葉を伝えましょう。

その際のポイントは、思い立ったときにすぐに書いて送ること。
「後でやろう」と思うと、うっかり忘れてしまったり、タイミングを逃したりと、せっかくの気持ちを伝えそびれてしまうことに。思い立ったらすぐに書けるように、普段から手元にレターセットや華やかな絵柄の記念切手を何種類か揃えておくといいですね。

プライベートシーンでのお祝い

  • 誕生日のお祝い
  • 結婚のお祝い
  • 出産のお祝い
  • 合格のお祝い
  • 新入学のお祝い
  • 就職のお祝い
  • 結婚記念日のお祝い
  • 還暦や米寿などの長寿のお祝い
  • 親戚や子どもの新入学、結婚、出産、就職などのお祝い  ほか

ビジネスシーンでのお祝い

  • 独立起業のお祝い
  • 会社設立のお祝い
  • 開店/支店オープンのお祝い
  • 創業(創立)〇周年のお祝い
  • 昇進のお祝い
  • イベント成功のお祝い
  • 株式公開のお祝い
  • 取締役就任のお祝い
  • 社屋完成のお祝い  ほか

お祝いのフレーズ

<基本のフレーズ>
  • おめでとうございます
  • お慶び(お喜び)申し上げます(*)
  • お祝い申し上げます
<プライベートシーン向け>
  • 本当によかったですね
  • 念願が叶い、喜びもひとしおのことと思います
  • 長年の夢が叶いましたね! わたしも本当にうれしく思います
  • 一つずつ夢を叶えていく○○さんのことを尊敬しています
  • どうか末永くお幸せに
  • ご多幸をお祈りしています
  • いつも応援しています
  • これからも笑顔でがんばってくださいね
  • これからも益々のご活躍をお祈りしています

お祝いの文例(知人に結婚のお祝い)はこちら>

 <ビジネスシーン向け>
  • 益々のご発展をお祈りいたします
  • さらなるご発展とご健勝をお祈りしています
  • 千客万来をお祈りいたします
  • お商売繁盛を祈念いたします
  • 末永いご繁盛をお祈りしています
  • たくさんのお客様に恵まれますように
  • 大勢の方から愛されるお店になりますように
  • 地域一番店を目指してがんばってください

お祝いの文例(開店のお祝い)はこちら>

(※)「よろこび」の漢字は「喜び」と「慶び」があり、「慶び」は相手のめでたいことを祝うとき、「喜び」は自分のうれしい気持ちを伝えたいときに使います。「慶び」のほうがフォーマルな印象が強まります。

ページ先頭

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 42人中28人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP