ホーム > 手紙の達人コラム > 手紙の達人コラム 視点を変えるとおもしろい!普通切手の魅力

手紙の達人コラム

手紙の達人コラム 視点を変えるとおもしろい!普通切手の魅力

手紙好きのみなさんは、郵便を投函するとき、記念切手を貼る方が多いと思います。切手はご承知のとおり、普通切手でも記念切手でも同じ価格ですから、いろいろな絵柄の中から選べる記念切手を貼って楽しみたいですね。

けれど、普通切手の中にも、実はとてもおもしろいものがあるんですよ。
意外と知られていない普通切手の魅力を探ってみましょう!

現在発売中の普通切手は27種類!

普通切手といえば50円と80円のほかに10円、20円、30円…。それくらいしか思い浮かばないという人も多いのでは?
意外や意外、現在発売されている普通切手は27種類にも及びます。写真はその一部。結婚式の案内状などに使う慶事用の切手、お悔やみの手紙に使う弔辞用の切手も普通切手の一種とされています。

 

 

慶事用の切手はビジネスでも!

中でも注目したいのは、慶事用の50円切手。中央の真っ赤なハートマークを背景に平和の象徴/白いハトが2羽、まるでキスするかのようにデザインされています。
この1枚ではがきの「顔」がパッと華やかになると同時に、送る相手にしあわせを運ぶことができます。
慶事用の切手は祝い事全般で使えるため、結婚・披露宴の招待状にはもちろん、出産や新入学のお祝い状、ビジネスシーンにおいては支店オープン・創業○周年記念・昇進のお祝い状などで使うこともできますよ。

 

ナデシコ柄の切手も!

注目の絵柄として、もう1枚。カワラナデシコの絵柄の270円切手も持っていると便利です。
なぜ便利かというと、速達を送るときに使いやすいのです。
速達料金は定形サイズの封書で350円。80円切手に270円をプラスすれば350円ですから、同じく花模様の記念切手(80円)と組み合わせて貼る楽しみもありますね。
ナデシコ柄は話題性も抜群! 速達を送るときにはとかく気が焦りがちですが、切手に目を向けるとひと呼吸おくことができ、落ち着けそうですね。

ページ先頭

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 25人中19人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP