ホーム > 手紙の達人コラム > 手紙の達人コラム 短くても印象に残る 暑中見舞い・残暑見舞い のフレーズ

手紙の達人コラム

手紙の達人コラム 短くても印象に残る 暑中見舞い・残暑見舞い のフレーズ

短くても印象に残る 暑中見舞い・残暑見舞い のフレーズ

梅雨が明けたら、本格的な夏の到来。
1年でいちばん暑い時期に、相手の健康を気づかって送る手紙が「暑中見舞い」です。

暑中見舞いを送る時期

暑中見舞いは、梅雨が明けてから立秋(8月7日頃)までに送るものとされています。
遠方に住む人に送るときなど、沖縄と東北では梅雨明けに1ヵ月ほど開きがあるように、どこの地域を基準にするか迷うときには小暑(7月7日頃)が過ぎたら送ると覚えておくとよいでしょう。
立秋(8月7日頃)以降は残暑お見舞いとして送ります。

・暑中見舞い/梅雨明け~8月8日(立秋)ごろまで
※7月7日(小暑)が過ぎたらとも言われています。
・残暑見舞い/8月8日(立秋)ごろから8月末ごろまで

書き出しの「暑中(残暑)お見舞い申し上げます」に続けて、お天気や季節の移ろいを自分らしい言葉でしたためると、気くばりや思いやりの気持ちが伝わります。次のようなフレーズをプラスしてみてはいかがでしょうか。

暑中見舞いのフレーズ

・梅雨が明け、急に暑くなりました。本格的な夏の到来ですね
・日ごとに強くなる陽射しに、日傘が手放せなくなりました
・寝苦しい夜が続きますが、お変わりありませんか
・照りつける太陽が肌に痛いほど。体調はいかがでしょうか
・暑さのせいか、体調を崩している人が多いようです。お体を大事にしてください
・蒸し暑い日がつづきますが、元気に夏を満喫していらっしゃいますか
・浴衣姿の女性を見かけるようになりました。もうすぐ夏祭りですね
・我が家のワンコはバテバテ。日陰ばかりを探して歩きます
・まだしばらく厳しい暑さが続くようですから、くれぐれもご自愛ください

残暑見舞い(夏の終わり)のフレーズ

・暦は立秋、暑さもあとわずかだと期待したいですね
・もうすぐ熱帯夜から解放されそうです。ぐっすり眠れていますか
・プランターのゴーヤもそろそろおしまい。今年の夏は豊作でした
・そろそろ夏の暑さにもさよならしたい頃、秋が待ち遠しいですね
・ツクツクボウシが鳴きはじめました。もうすぐ夏もおしまいでしょうか
・八百屋さんで葡萄を目にするようになりました。秋の訪れまであと少しです
・吹き抜ける風もいくぶん涼しく感じられるようになりました
・子どもの頃は夏の終わりがさみしかったのに、今は秋の訪れを待ちわびています
・夏の疲れが体に出やすい頃、お変わりありませんか
・季節の変わり目ですから、ご自愛ください

ページ先頭

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 72人中64人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP