ホーム > 手紙の達人コラム > 手紙の達人コラム 結婚式の招待状が届いたら?他の人と差がつく返信はがきの書き方

手紙の達人コラム

手紙の達人コラム 結婚式の招待状が届いたら?他の人と差がつく返信はがきの書き方

column45_1

column45_2
今回は、結婚式の招待状が届いたときの返信はがきの書き方をお伝えします。




基本の書き方(出席の場合)

1.まず「出席」の文字を○で囲みます
2.「御」は受け取る人を敬う言葉のため、二重線で消します
3.「御欠席」の三文字を同じように消します
4.「御住所」の「御」、「御芳名」の「御」と「芳」を消して、それぞれ記載します
5.余白にお祝いのメッセージを添えます


column45_3

  • <ポイント>
  • 「出席」を○で囲むときに「喜んで(出席)させていただきます」と手書きすると、おめでたい場にふさわしく、お祝いの気持ちが伝わります。
  • よろこびの漢字は「慶び」と「喜び」があり、「慶び」は相手もめでたいことを祝うとき、「喜び」は自分のうれしい気持ちを表現するときに使います。「慶び」のほうがフォーマルな印象が強まります。
  • 余白につづるメッセージはシンプルな言葉のほうが無難です。第三者に見られるときのことを考えて、結婚を祝う言葉や、招待してくれたお礼の言葉をつづりましょう。
  • 親しい相手なら、余白に華やかなシールを貼ったり、二人の似顔絵を描いたりするのも◎。さらに相手を祝う気持ちが伝わるでしょう。
  • 「お祝いごとには終止符を打たない」という理由から、一般的に、招待状には「、」や「。」などの句読点を使いません。返信はがきでも、あえて句読点を使わずにお祝いのメッセージを書き添えると、好印象です。

基本の書き方(欠席の場合)

出席したいけれど、どうしても都合がつかないときには、返信はがきで「欠席」として送るより、まずは電話でその旨を伝えるのがマナーです。
結婚式当日に届くよう電報を打つか、お祝いの品を選んで新居に送りましょう。デパートなどから商品を発送するときには、メッセージを手書きしたカードを持参して同封してもらうか、後日、手紙を書いて郵送すると、さらに喜ばれます。(※)
(※)商品に持参したカードの同封可否に関しては、事前にお店にご確認ください。手紙を同封するサービスを行っていない場合もあります。

結婚祝いのフレーズ

  • ご結婚おめでとうございます
  • 心よりお祝い申し上げます
  • どうか末永くお幸せに
  • お二人の未来が明るく輝きますように
  • 明るく楽しい家庭を築いてください
  • いつまでも二人仲良く、笑顔の絶えない毎日を過ごせますように
  • たくさんの幸せが降り注ぎますように
  • これからも応援しています
  • ご両家のご発展とご健勝をお祈りいたします

ページ先頭

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 64人中55人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP