ホーム > 手紙の基本 > 時候の挨拶 > 時候の挨拶 3月(弥生:やよい)

時候の挨拶

3月(弥生:やよい)に使える時候の挨拶を、ビジネス編(フォーマルなシーン)とプライベート編(カジュアル/かしこまったシーン)に分けてご紹介します。

ビジネス編監修:一般社団法人日本プロトコール・マナー協会 理事長 船田三和子

時候の挨拶 3月(弥生:やよい)

<3月のイベント>
ひな祭り、合格・卒業のお祝い、人事異動

3月は花見月と呼ばれるほど、梅・桃・桜をはじめたくさんの草花が咲き誇る季節。その年の気候によって開花時期が変わりますので、ご自身で観察した植物の様子を言葉で表現しましょう。また、変化の時期でもありますので、環境が良い方向に変わる方には、そちらにかかるような華々しい季節の表現を入れるのもおすすめです。

時候の挨拶 ビジネス編
上旬
梅の香りが爽やかに漂う春暖の候、
貴社の皆様にはお元気でご活躍のことと存じます。
寒緋桜が目に鮮やかなこの頃、御社におかれましては、
ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。
春光天地に満ちる春陽のみぎり、貴社の皆様におかれましては一層ご健勝のことと存じます。
使用時期:3月~4月
春光天地に満ちる季節となり、一層ご清祥と存じます。
使用時期:3月~4月
日ごとに春を感じる暖かな日差しに、入社前の説明会で出会った○年前を思い出しています。
使用時期:2月下旬~3月中旬
中旬
三寒四温を実感する気温差のある季節ですが、
お変わりなくお過ごしのことと存じます。
例年より早い桜前線の北上に乗って○○様からの朗報の便りが届き、胸を躍らせております。
この度は、ご栄転おめでとうございます。
春らしい陽ざしを感じるこの頃、ご健勝にお過ごしのことと存じます。
使用時期:2月中旬~3月中旬
下旬
桃の香り麗しい春分の候、貴社の皆様におかれましては、
ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
初蝶の姿を見かけ本格的な春の到来を嬉しく感じております。
すっかりご無沙汰いたしておりますが、お変わりございませんでしょうか。
やわらかな春光に心躍る季節となり、□□先生におかれましては、ますますご健勝にお過ごしのこととお喜び申し上げます。
使用時期:3月いっぱい
桜の開花宣言とともに、よい知らせが届いてまいりました。
使用時期:その年の桜の開花宣言に合わせて使いましょう

<使用時期について>
上記の表では文例に合わせて使用時期を上旬・中旬・下旬で分類していますが、なかには複数時期に渡り使用できるものや、2ヶ月に渡り使用できる時候の挨拶もあります。
また、その年の気候に合わせて送るお相手の住んでいる地域や、送り手が住んでいる地域で感じている季節感を盛り込むことも大切です。

時候の挨拶 プライベート編(かしこまったお手紙に)
早春の候/陽春の候/春和の候/霞立つ春
ひと雨ごとに寒さもゆるみ、
日差しが春のおとずれを告げる頃となりました。
時候の挨拶 プライベート編(親しい方へのお手紙に)
卒業式の季節になり、袴姿の女性を見かけます。
春風が心地よく感じられます。
桜の開花まであと少し。たくさんお花見できそうですか?

ページ先頭

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 2193人中1890人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP