ホーム > 特集 > 仕事のサポート > 「仕事で使える」気の利いた文例集

仕事のサポート

「仕事で使える」気の利いた文例集

「仕事で使える」気の利いた文例集

仕事に関する手紙を書くとき、なかなか筆が進まないという経験はございませんか。
それは、手紙の書き方の基本やマナーに自信がないなどということ以外に、相手のことや状況がよく分からなかったり、相手の善意に応えられなかったりする場合が多いのではないでしょうか。

例えば、はじめての方・面識のあまりない方へ手紙を書く場合や、以前はお付き合いがあったのに、最近少し疎遠になっている方へ手紙を書く場合などは、共通の話題が見つからないこともあり何から書き始めてどのように文章を展開するとよいのか思いつかないことがあります。
また、せっかくのお誘いや依頼を断らなければならない場合は、相手先に対する申し訳ない気持ちが先行しすぎて、便箋に向かったものの時間だけが過ぎ去っていく・・・ということもあるのではないでしょうか。

今回の特集では、『「仕事で使える」気の利いた文例集』として、上記のような場合によくある事例を挙げ、すぐに使える文例をご紹介しています。
ただし、「頭語」や「結語」「時候のあいさつ」に関しては省略していますので、必要な方はこのサイトの「手紙の基本」ページを参考にしてみてください。
ぜひ今回ご紹介する文例を参考にしていただき、よりよい仕事の関係を築いてください!

(監修:一般社団法人日本プロトコール・マナー協会 理事長 船田三和子)


【はじめての方へ】
・新規顧客への営業(自社アピール)
・新規顧客への営業(セミナー参加者へ)
・新規ビジネスパートナーへの営業(新製品紹介)
・新規ビジネスパートナーへの依頼(製品デザイン)
・新規ビジネスパートナーへの依頼(コンペ提案)
・後任者からの引き継ぎの挨拶(趣味の話題)
・後任者からの引き継ぎの挨拶(前任へのご指導へのお礼)
・後任者からの引き継ぎの挨拶(新エリアへの転属)
・後任者からの引き継ぎの挨拶(取引先のメーカーへ)


【面識のあまり無い方へ】
・新規顧客への営業(展示会参加者へ)
・新規顧客への営業(セミナー参加者へ)
・後任者からの異動の挨拶(電話のみでの面識)


【久しぶりの方へ】
・ビジネスパートナーへの相談依頼(自社新サービスに関して)
・ビジネスパートナーへの相談依頼(機材導入の相談)
・ビジネスパートナーへのご挨拶(名刺交換した方へ)
・顧客への営業(展示会でお会いした方へ)
・顧客への新サービスの営業(展示会でお会いした方へ)
・展示会への招待(新製品発表)
・再度仕事を依頼(自社ブースの施工)
・再度仕事を依頼(製品開発の協力)
・セミナー講師の再依頼
・後任者からの引き継ぎの挨拶(営業担当)


【お断り】
・コンペ提案のお断り(WEBサイトリニューアル)
・コンペ提案のお断り(デザインコンペ)
・コンペ参加のお断り
・セミナー講師の依頼のお断り
・食事会のお誘いのお断り
・招待イベント不参加のお詫び(周年パーティ)
・招待イベント不参加のお詫び
・招待イベント不参加のお詫び(工場見学会)

ページ先頭

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 29人中17人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP