ホーム > 特集 > 手紙って楽しい! > 手紙って楽しい! 手紙入門ガイド(4) 目指せ!手紙の達人~上級者編~>

特集

手紙って楽しい! 手紙入門ガイド(4) 目指せ!手紙の達人~上級者編~>

目指せ!手紙の達人 ~上級者編~

さらに一工夫を加えるとあなたも手紙の達人になれる!?
ほんの少しのアレンジで、より自分らしさが伝わる魅力的な手紙に!
ヒントをご紹介しますのでぜひ試してみてください。


・送る相手によってインクの色を変えてみる

インクの色を変えると、同じ文章でもその表情が全く異なって見えます。目上の方へのきちんとした手紙なら、黒インクの万年筆、親しい間柄や友人ならカジュアルなブルーやグリーン、遊び心を取り入れたパープルなど、いろいろと使い分けてみてください。

・切手の貼り方を工夫しデザインしてみる

切手を選ぶ楽しさに加えて貼り方を工夫したり、アレンジを加えると、また違った表情になります。
切手を貼るスペースは左上と決まってはいますが、厳密に左上にまっすぐ貼らなくても、わざと少しずらしたり、斜めに傾けてみる、また、花柄の50円切手に蝶柄の30円切手を添えて、蝶が花にとまっているように見せる、思い切って封筒の真ん中に貼ってしまう、など。
アレコレ考えるのも楽しい時間ですし、相手の心を惹き付けるテクニックにもなります。
詳しくは手紙の達人コラム「楽しい切手の使い方」でもご紹介しています。

・小物をつかう(判子)

自分の名前にちなんだ一文字だけの判子やモチーフの判子を落款(らっかん)感覚でワンポイントに捺すのもオシャレ。いろいろな判子を集めるのも楽しいですよ。

ページ先頭

このページは役に立ちましたか? はい いいえ 62人中48人がこのページは役に立ったと言っています。

PAGE TOP